SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
なんとか決勝進出!!! -ローマ
R.FEDERER def D.NALBANDIAN 6-3, 3-6, 7-6(5) Match Time:2:43

はふ〜〜〜、今日もタフな試合でした〜。でもこれがRogiが大きなタイトルを獲得するのに必要なんだと思います。ただ、故障だけはホントあって欲しくないケド。。(パヴェルさん、Rogiのケアよろしくたのんます〜)
asukamuraさんがコメントされていたように、自分のエラーに怒りながらもソックスを赤く染めて必死にボールを追う姿は、いつもの華麗に舞うRogiとは違うケド、いつもは表面に出てこない彼の中の熱いものが垣間見れて、どきっとしちゃうんですよね・・ポッ
第一セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererBBKKBK
D.NalbandianBBK

なんかこのセットは取ったんだけど、なんかリズムに乗り切れないもどかしさみたいなものがRogiにありました。恐らくナルがそうさせていたのもあるとは思いますが、なんか動きが少し鈍いようにも見えました。9thのServing for SetはトリプルBPピンチがあってそれを連続5ポイントを取ってキープしセットを取れたのですが、ナルのボレーミスに助けられたところもあったし、ちょいとしっくり来ていないように思いました。
第二セット 3-6
123456789101112TB
R.FedererKKK
D.NalbandianKKBKKK

そのしっくりいっていないのがエラーとなって表面化しだしました。代わりにナルはいいプレーを続けRogiにプレッシャーを与えました。
6thで3つのBPsをセーブしキープし、次の7thでデュースにまで追いつきましたがエラーでチャンスを掴むことが出来ませんでした。9thナルのServing for Setでも4つのエラーでこのセットをナルに渡してしまいました。
第三セット 7-6(7-5)
123456789101112TB
R.FedererKBKBKK7
D.NalbandianBKBKKK5

第三セットが始まる前Rogiは長々とベンチに座っていたのはなんだったのでしょうか?セット間のブレイクの時Rogiはコートに水をまくのを目で追っていたのだけど、それとなんか関係があるのでしょうか?ともかく、第三セットいいスタートを切りたかっただろうに、これも自らのエラーで1stゲームを落としてしまいました。ゲームを落とした時怒ってラケットを投げていました。この姿久しぶりに見た・・でもこうしてフラストレーションを発散した後Rogiは必ずカムバックしてくる!それを信じて待ちました。
待った甲斐あって4thゲームからなんか動きが良くなってきました。2ndポイントでのネットでのしのぎあいでいいプレーが出来たのが最初のキーだったような気がします。ボールへの執着心も強くなってきたように感じました。ミスで相手に点を与えることも減っていいリターンを返すようになりました。ナルもいいプレーで2つのBPをセーブしましたが、ミスが減りいいショットが増えたRogiからのプレッシャーがあったのだと思います。16ポイント目3つ目のBPでFHがロング、ブレイクバックに成功。
5thもさらりとキープし続く6thでもブレイク!しかしこういう1ブレイクアップというのが一番プレッシャーがかかると、いつだったか解説の方が言っていたように、また少しRogiのエラーが出始めました。あと1ポイントという時エラーが出ちゃって、結局このゲームを落としてしまいました。
その後お互いサービスをキープし勝負はタイブレークへ。
続きを読む >>
| AMS Rome | 03:56 | - | - | - | - |
Day6(13,May)OOP -ローマ
壁掛時計ORDER OF PLAY Saturday, 13 May 2006
CENTRE COURT
2.30 pm (1)Roger FEDERER (SUI) vs (4)David NALBANDIAN (ARG)
folowed by Gael MONFILS (FRA) vs (2)Rafael NADAL (ESP)
followed by (3)Mark KNOWLES/Daniel NESTOR (BAH/CAN) vs (2)Jonas BJORKMAN/Max MIRNYI (SWE/BLR)
9.00 pm Merrill Lynch - Tour of Champions: Carl Uwe STEEB (GER) vs Henri LECONTE (FRA)

STADIUM NICOLA PIETRANGELI
12.30 pm Merrill Lynch - Tour of Champions: Sergi BRUGUERA (ESP) d. Claudio MEZZADRI (SUI) 63 62
followed by Merrill Lynch - Tour of Champions: Cedric PIOLINE (FRA) vs. Renzo FURLAN (ITA)
not before 5.00 pm Fernando GONZALEZ/Nicolas MASSU (CHI) vs (6)Jonathan ERLICH/Andy RAM (ISR)

テレビガオラ放送:21:27〜
GOOOOO! Into the FINAL!! ROGER!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
| AMS Rome | 21:04 | - | - | - | - |
3rdRound後の会見スクリプト
3rdRound、ステパネク戦後の会見内容。
2006 INTERNAZIONALI D'ITALIA
ROME, ITALY


May 11, 2006

R. FEDERER/R. Stepanek
6-1, 6-4


ROGER FEDERER



THE MODERATOR: Questions, please.

Q. When it is too easy, the first set, then you relax a bit in the second, or something different?

ROGER FEDERER: No, I think he served much better in the second set, you know. It was obvious. I knew he has a good serve, so I just took advantage of it better, you know. He gave me more opportunities in the first set. That wasn't the case in the second set. But he never really got close to my own serve, and that made that match go so easy and so quick really, obviously, except the last service game. But I got out of that one, too, so it was a good match.

Q. You lost the first game of the second set without making any points. Do you remember the last time it happened to you?

ROGER FEDERER: It happens many times. It's not something very terrible, you know. Always I would like to start the set better, but I got the break pretty early after that. So I was pretty happy the way I played, you know. There was not many rallies so there's not much you can say about it really. It was just important to keep the errors low, and that I did exceptionally well the first set. In the second set, it was a little bit more difficult because there was lack of rhythm.

Yeah, so that first game, yeah, doesn't really matter now (smiling).

Q. How do you explain that in Hamburg you won three times and in Hamburg the clay is slower, the conditions, the weather conditions, are normally worse. Here, still you haven't won, I mean, even if you are in a good way. There is a reason in your opinion, or it's casual?


続きを読む >>
| AMS Rome | 15:30 | - | - | - | - |
準決勝進出! -ローマ
R.FEDERER def N.ALMAGRO 6-3, 6-7(2), 7-5 Match Time: 2:33


はふ〜、、タフマッチでしたね〜。でもこのようなタフなクローズマッチに競り勝つことがRogiには必要だったんですよ!
第一セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererKBKKBK
N.AlmagroKKB

第二セット 6-7(2-7)
123456789101112TB
R.FedererKKKBKK2
N.AlmagroKKKKBK7

タイブレーク 2-7
123456789
R.FedererBK
N.AlmagroKBBKBKK

第三セット 7-5
123456789101112TB
R.FedererKKKKKKB
N.AlmagroKKKKK

このセット、Rogiのサービスゲームは安定し、試合を支配していたのはRogiであったのは確かなのですが、BPsを6th,8thと掴んだのにゲームは取れないというもどかしさがありました。そんなフラストレーションの溜まりそうな展開でしたが、きっとRogiは我慢強く最後まで自分を見失うことはないと信じていました。12thアルマグロサーブ、40-30からデュースに持ち込み、続けてRogiがポイントをとりBPチャンスそこから→デュース→アルマグロGP→デュース→BP→デュース→BP→デュース→BP、そしてGSM FEDERER!!

最後の数ポイントスコアボードに噛り付いてデュースになったら歯軋りし、BPを掴んだら、C'mooooooooooon!! Go! Roger!と叫んでおりました。でも最後のBPの時、椅子の背もたれにもたれ、りらぁぁっくす、Roger! と言ったらブレイク出来てなんかうれしかったっす。ポッ
最後の凌ぎあい見たかったな。masutersseries.tvで見れるかな。。
続きを読む >>
| AMS Rome | 01:02 | - | - | - | - |
Day5(12,MAY)OOP -ローマ
壁掛時計ORDER OF PLAY Friday, 12 May 2006

CENTRE COURT
1.00 pm (4) David NALBANDIAN (ARG) vs Mario ANCIC (CRO)
followed by (1) Roger FEDERER (SUI) vs (q) Nicolas ALMAGRO (ESP)
followed by (10) Fernando GONZALEZ (CHI) vs (2) Rafael NADAL (ESP)
9.00 pm (5) Andy RODDICK (USA) vs Gael MONFILS (FRA)
followed by Simon ASPELIN (SWE)/Todd PERRY (AUS) vs Mark KNOWLES (BAH)/Daniel NESTOR (CAN)

PIETRANGELI STADIUM
3.00 pm Fabrice SANTORO (FRA)/Nenad ZIMONJIC (SCG) vs Jonas BJORKMAN (SWE)/Max MIRNYI (BLR)
followed by James BLAKE (USA)/Xavier MALISSE (BEL) or Paul HANLEY (AUS)/Kevin ULLYETT (ZIM) vs Jonathan ERLICH (ISR)/Andy RAM (ISR)
followed by Bob BRYAN (USA)/Mike BRYAN (USA) c. Fernando GONZALEZ(CHI)/Nicolas MASSU (CHI)

FEDERER vs ALMAGRO H2H:1-0
最近ランキング急上昇中のアルマグロ、昨年RGの2ndRoundで対戦していますがその頃よりずっと強くなってきているのでしょうね。ノッてる若者、要注意です。タフな試合になるでしょうが、とにかく勝って次に進んで欲しいっす!

GOOOOO! ROGER!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
| AMS Rome | 12:01 | - | - | - | - |
2ndRound後会見スクリプト -ローマ
2006 INTERNAZIONALI D'ITALIA
ROME, ITALY


May 10, 2006

R. FEDERER/P. Starace
6-3, 7-6


ROGER FEDERER



THE MODERATOR: Questions, please.

Q. Was it more tough to play against an Italian in Foro Italico than other places?

ROGER FEDERER: Yes, for sure, and I do believe that the match would have been easier for me if he wouldn't have had the support because, yeah, definitely, you know, makes you think twice when you want to go for a shot. You always believe somehow he will find a way to come back into the match with a support like this.

This is always why it's hard to play local heroes, especially here in Italy. I really had to concentrate very hard to focus on my game because they were applauding his shots, you know, fanatic. That's not very easy to handle over a consistent basis, but I think I did well and I'm very happy the way it went today.

Q. I heard today you had a special meeting with the Pope. Is that correct? What is your reaction, your emotions? Can you describe it?

ROGER FEDERER: Yeah, I mean, it was an emotional day today (smiling). In the morning, meeting the Pope, you know, which was, yeah, very, very nice and a big honor of course. Got to shake his hand, exchange a few words in German, and that's it. But of course very special for me. I'm Catholic after all, you know. So it was very nice.

And then after on, the great match here. So it was a perfect day.

Q. Was the Pope showing awareness of who you are? Does he follow sports and tennis?

続きを読む >>
| AMS Rome | 00:33 | - | - | - | - |
準々決勝進出! -ローマ
R.FEDERER def R.STEPANEK 6-1, 6-4 Match Time:0:56

今日は快調だったようですね。ステパネクの28のUEsに対しRogiは7つだったそうです。
第一セット 6-1
123456789101112TB
R.FedererKBKBKK
R.StepanekK

第二セット 6-4
123456789101112TB
R.FedererKBKKKK
R.StepanekKKKK

Match Summary
R.FedererR.Stepanek
1st Serve %24/46(52%)35/47(74%)
Aces on 1stServe23
PointsWon on 1stServe23/24(96%)24/35(69%)
Aces on 2ndServe00
PointsWon on 2ndServe14/22(64%)4/12(33%)
Receiving PointsWon19/47(40%)9/46(20%)
Double Faults22
BreakPoint conversions3/7(43%)0/3(0%)
Total PointsWon5637

2004年のグシュタードで対戦した時、6-1で第一セットを取り9thでブレイクし5-4Serving for Matchでブレイクバックを許し、その後12thでもブレイクされて第二セットを取られたのですが、今回も10thのServing for Matchで0-40となった時はヒヤッとしました。しかし今日は昨日入らなかったエースがデュースになるポイントで入り、連続5ポイントを取って二の舞を踏むことはありませんでした。

次の相手はアルマグロ or ダビデンコ。どっちが来てもタフな試合になるでしょう。しばしリラックスして明日の試合に備えてもらいたいっす!
| AMS Rome | 00:33 | - | - | - | - |
Day4(11,May)OOP -ローマ
ORDER OF PLAY Thursday, 11 May 2006

CENTRE COURT
1.00 pm (4)David NALBANDIAN (ARG) c. (q)Alberto MARTIN (ESP
followed by (1)Roger FEDERER (SUI) c. (14)Radek STEPANEK (CZE)
followed by (5)Andy RODDICH (USA) c. Greg RUSEDSKI (GBR)
9.00 pm Tim HENMAN (GBR) or (16)Thomas JOHANSSON (SWE) c. Filippo VOLANDRI (ITA) or (2)Rafael NADAL (ESP)
followed by (4)Paul HANLEY/Kevin ULLYETT (AUS/ZIM) c. James BLAKE/Xavier MALISSE (USA/BEL)

STADIUM PIETRANGELI
1.00 pm (q)Ruben RAMIREZ HIDALGO (ESP) c. Mario ANCIC (CRO)
followed by Tomas BERDYCH (CZE) c. (10)Fernando GONZALEZ (CHI)
followed by (q)Nicolas ALMAGRO (ESP) c. Nikolay DAVYDENKO (RUS)
followed by Gael MONFILS (FRA) c. Fabrice SANTORO (FRA)

COURT 6
3.00 pm (6)Jonahan ERLICH/Andy RAM (ISR) c. Jarkko NIEMINEN/Olivier ROCHUS (FIN/BEL)

TBA COURT
not before 5.00 pm Fernando GONZALEZ/Nicolas MASSU (CHI) c. (8)Mahesh BHUPATHI/Wesley MOODIE (IND/RSA)
not before 5.00 (1)Bob BRYAN/Mike BRYAN (USA) c. Leander PAES/Radek STEPANEK (IND/CZE)

フェデラー vs ステパネク H2H:1-1

GOOOOO! ROGER!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
| AMS Rome | 15:58 | - | - | - | - |
試験通過、3rdRoundへ! -ローマ
R.FEDERER def P.STARACE 6-3, 7-6(2) Match Time:1:50

いやはや〜〜。。Rogiナイスファイトでした!スタラーチェも第一セットの後半から盛り返してすごくいいプレーをしたそうです。試合が終わってスタジアムのお客さんは二人のプレーヤーのナイスファイトに惜しみない拍手を贈ったそうです。

第一セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererBKBKKB
P.StaraceKKB

最初スタラーチェはRogiからのプレッシャーに押されいいプレーが出来なかったようで、Rogiがあっさりと4ゲーム連続で取ったのが逆に少しRogiの集中度を低めたような気がします。
私は最初からRogiの1stサーブの確率が低いのが気になったのですが、8thのServing for Setでは8ポイント中1stが入ったのは1本だけという悪さで結局これが響いたのかブレイクバックを許してしまいました。しかし次すぐに奪い返し6-3としましたが、ちょっと不安が残る第一セットでした。
第二セット 7-6(7-2)
123456789101112TB
R.FedererKKKBBK7
P.StaraceKKBKBK2

スタラーチェはブレイク出来たということで気をよくしたのか、サービスゲームでもテンポよくポイントをとれるようになり、ますます良くなっていったみたいでした。Rogiは第一セットほど1stの確率は悪くはありませんでしたが、6thで先にブレイクしたのに7thダブルフォルトでブレイクバックを許し、8thでもブレイクのチャンスがあったのに決めれなかったことが、少し彼に落ち着きを失わせたのかもしれません。9thでもあまりいいサーブが入らなかったようで、連続してサービスゲームを落とし4-5スタラーチェのServing for Set。しかしRogiはここから素晴らしいファイトを見せてくれました。10thで40-15とチャンスを作るとそれを逃さずブレイクバック、5-5。しかし試練はまだありました。11thゲーム、アドサイドでなかなかポイントが取れなくて、Advは取ってもデュース、デュースで(連続6回)苦しみました。しかしここが王者たる所以、なんとかこれをキープ出来たのが大きかったです。12thでは30-30とチャンスの芽はありましたがスタラーチェも踏ん張りキープ、タイブレークへ突入。
タイブレーク 7-2
123456789
R.FedererKBKKBKK
P.StaraceKK

サービスの調子が悪かったので不安だったのですが、Rogiにはタイブレーク・モードというのがあるのかもしれません。1stポイント、サービスエースでスタートそしてすぐにミニブレイク。4ポイント目は2ndサービスになりましたがしっかりキープ。そして二つ目のミニブレイクを取れたことが大きかったです。最後二つのサービスもしっかりキープしGSM FEDERER!!
Match Summary
R.FedererP.Starace
1st Serve %39/80(49%)56/83(67%)
Aces on 1stServe20
PointsWon on 1stServe28/39(72%)33/56(59%)
Aces on 2ndServe00
PointsWon on 2ndServe21/41(51%)8/27(30%)
Receiving PointsWon42/83(51%)31/80(39%)
Double Faults22
BreakPoint conversions5/13(38%)3/3(100%)
Total PointsWon9172

彼の大きな武器であるサービスの調子が悪くても勝てたということは、クレーにおいてとても大きなことだと思います。今日の修正点をローチさんにみてもらって次のステパネク戦ではいいプレーを披露してもらいたいっす!
| AMS Rome | 03:33 | - | - | - | - |
DAY3(10.May) OOP -ローマ
Rogiの2ndRoundの試合はセンターコート第三試合に組まれました。その相手は地元イタリアのスタラーチェ。ですから私は夜9時からの試合に組まれそうと思っていたけれど、こっちの時間帯の方でよかった。。
(それにしてもなんで9時からで尚且つその後ダブルスも組まれてるんだろ?今現地時間午前1時なのにまだダブルス第二セット1stゲームをやってる・・・ムニョムニョその試合中のサフィンとステパネク、今日Rogiと同じ時間帯に試合組まれてるし・・)

さて、二人のH2HはRogiの1-0。2004年グシュタード(クレー)の準決勝で当たって、第二セットを取られています。この時のインタビューだったかで、スタラーチェと全仏の練習を一緒にして、才能豊かなプレーヤーで危険な相手だ、と言っていたと思います。クレーが得意のようで、そういえばその2004年全仏3rdRoundでサフィン相手にフルセットに持ち込むとてもいい試合をしていましたし、今年もクレーのチャレンジャーで1勝しています。なにより観客の後押しがあるので要注意です。

しかし初戦後の会見内容を読んで、Rogiはしっかりスイスでリラックス&トレーニングを積んで、早めにローマに到着してコートにも慣れ、木曜にはローチと合流しよいディスカッションを持って、それを反映したいい練習も出来たようで、体力的にも精神的にも準備万端整えたという印象を持ちました。あとは試合をして細かな調整をするといったところでしょうか。その試合から得るものは多く大きいと思うので、2ndRoundも勝って次につなげてもらいたいっす!

GOOOOO, ROGER!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー


壁掛時計ORDER OF PLAY Wednesday, 10 May 2006
続きを読む >>
| AMS Rome | 07:01 | - | - | - | - |