SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
準決勝進出!! -マイアミ
R.FEDERER def J.BLAKE 7-6(2), 6-4

ヨッシャー!RogiがGAORAお茶の間観戦に連れてってくれましたね!(日本ではGAORAというサテライト・チャンネルでSFsから3試合のみの放送なんです。>ちーこさん)前のいくつかの試合をDVD-RAMに焼いてハードディスクを整理して待ってましたんでうれしいっす。。
第一セット 7-6(2)
123456789101112TB
R.FedererKKBKKK7
J.BlakeKKBKKK2

確か3rdゲームで先にRogiがBreakPointを握ったみたいですが、それをブレークが切り抜けると逆に5thゲームでブレイクダウン。しかしすぐに6thでブレイクバック出来たのがよかったですね。9thでもBPピンチ&何回かのデュースとブレークはプッシュしてきましたが、スコアが5-4と表示された時は、小さくガッツポーズ&心の中でC'mon!!と叫びました〜。
TieBreak 7-2
123456789
R.FedererKBBKKKK
J.BlakeKK

タイブレークではどうもブレーク側のミスが出て5-0とリード出来たのが大きかったです。しかしクレメン戦のこともあったのでさらにRogiは引き締め1stセットポイントをキメこのセットをとりました。
第二セット 6-4
123456789101112TB
R.FedererBKKKKK
J.BlakeKKKK

少しブレークが気落ちしたのかRogiの高い集中が続いていたのか、ブレークサーブ1stゲームでブレイク出来たことはRogiをよりリラックスさせたのかもしれません。結局このセット、一度もBPピンチに面することはありませんでした。

ハイライトを見るとブレークはいくつか素晴らしいカウンターやパスを突き刺しましたがそれでもストレートで勝てたということは素晴らしいですね。そんなショットを打たれてもRogiからは落ち着きと自信が感じられました。きっといいフィーリングがあったのでしょう。

あまりゆっくりは休めませんが、とにかく身体を十分にケアして(理学療法士のパヴェルさん、ヨロシク!)明日の試合にいい状態で臨んでもらいたいっすね!

| AMS Miami | 13:37 | - | - | - | - |
Day9(30th Thursday)OOP -マイアミ
QFブレーク戦は現地時間19時〜のナイトセッションに組まれました。また仕事の合間にちろちろチェック応援ですね。それにしてもブレークはヨシ、今度こそ、と思って挑んでくるでしょうからマジで要注意です。タフな試合になるのは覚悟だけど、仕事中なのであんまり挙動不審行動をさせないでね、Rogi。。
さて、両者のH2Hはご存知の通り(ついこないだ紹介しましたからね)Rogiの3-0。IW決勝ではBest of 5sets matchとは思えない程のロケット・スタートを見せたブレークですが、今度はBest of 3sets match、やはり前のようなロケットスタートで挑んで来るのでしょうか。それともチェラ戦のように後半にブッ飛ばしてくるのでしょうか。。どちらにしても最近彼は我慢強く勝負強くなっているので、Rogiも気合を入れてしっかり集中しないといけません。。ツルスノフ戦のServing for 1stSetでブレイクバックを許したゲームはRogiのエラーで献上したゲームだったので、試合後彼もそれを反省していました。これからラウンドが深くなるにしたがってタフな試合になるので注意しないとね。
とにかく、どちらにしても高い集中度と適度なリラックスで次私たちをGAORAお茶の間観戦応援に連れてってもらいたいっす!

GOOOOOOOOO!! ROGER!!よつばのクローバーよつばのクローバー

壁掛時計Schedule of Play for Thursday, March 30, 2006
続きを読む >>
| AMS Miami | 00:31 | - | - | - | - |
QF進出! -マイアミ
R.FEDERER def D.TURSUNOV 6-3, 6-3
57分でツルスノフを退け準々決勝進出をキメました!右足は大丈夫のようですね。あぁ〜良かった。。

第一セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererKBKBKB
D.TursunovKKB

私のプレビューでは最初っからアタックしないだろう、なんて書いていましたが結構最初からいいフィーリングでリターンやBHが打てていたようです。
6thゲームではダブルフォルト(DF)二つとエラーでゲームを献上してしまったようなカンジでありッ?と思いましたが、また太陽の角度か風向きのせいかもしれませんね。そのあとチェンジエンドした後すぐツルスノフのサービスゲームをブレイクしていますから。
第二セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererKKKBKK
D.TursunovKKK

途中ですんなりツルスノフがサービスゲームをキープしRogiのエラーが出だした時は危険信号かと思いましたが、5thでピシャッとラブゲームでキープして3-2とし、その後6thツルスノフのサービスゲーム30-30からBPを握るといいリターンを返して先手をとり、ツルスノフのエラーでこのゲームを取りました。ちょいと心配なクロージングもしっかりとキメGSM FEDERER!

あ〜でもホント足がなんともなくてそれがなによりでした〜。さぁ、今から出勤だ!今日も一日♪で過ごせそうです。
| AMS Miami | 07:52 | - | - | - | - |
Day7(28th Tuesday)OOP -マイアミ
Rogiの4thRoundツルスノフ戦はスタジアムコート第四試合に組まれました。ううむ、、スタートの時間が読めない。。単純に前の試合が各々2時間とみて現地時間17時(日本時間7時)スタートですが、何時になるでしょうか。。

さて、H2Hですが今回が初対戦です。ジュニアサーキットに遡ってもありませんでした。Rogiは彼とはジュニア時代に対戦して負けたことをインタビューで言っていましたが、それも見つけられませんでした。でもま、年齢は1歳違いですし試合での対戦はなくともジュニアの頃からよく知っているプレーヤーであろうと思われます。しかし、見るのと対戦するのとでは違うでしょうから、最初からギアをあげて・・というゲーム運びはしないでしょうね。初対戦の相手とはプレーの中で相手のデータを収集しゲームを組み立てて行くという進め方をしますからね。

ツルスノフはIWでアンドレエフに負けた後、チャレンジャーの大会に出てルックザック、カルロビッチ、M.アルベルトを破って優勝していますので調子はいいみたいです。このマイアミは2回目の出場ですがシード選手二人(フェレロ,アンドレエフ)を破って勝ち上がって来ていますので要注意です。ハードヒッターですから気持ちよく打たせないよう、Rogiには色んなショットでいやらし〜く、しかし攻めるべきところではガツンと行ってもらいたい。

とにかく、右足がなんともないことを祈りましょう!でもってガオラ解説丸山薫さん曰く"フェデラーワールド"を見せてもらいたいっす!

GOOD LUCK, and GOOOOOO!! ROGER!!よつばのクローバーよつばのクローバー

壁掛時計Schedule of Play for Tuesday, March 28, 2006
続きを読む >>
| AMS Miami | 00:07 | - | - | - | - |
4thRound進出! -マイアミ
R.FEDERER def T.HAAS 6-1, 6-3

おお!ストレートでハースに勝利、4thRound進出をキメました!
第一セット 6-1
123456789101112TB
R.FedererKKBKBK
T.HaasK


第二セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererKKBKKB
T.HaasKKK


まだatpmastersseries.tv見てないし、MTFの実況フォーラムも見てないのでどんなだったかは不明。チェックしたらまた報告しま〜す。

<追記>
atpmastersseries.tvのハイライトを見ましたが、Rogi舞っていましたね。しかし今回はちゃんと地に足がついた舞い方だったようです。前回の全豪の第二セットはそのまま飛んで行っちゃうのじゃないかという勢いででも第三セットに来たチャンスを逃すと流れがドッとハースに傾きましたからね。。
今回は第二セットの2ndゲームで2BPのピンチがあったそうですが、それを切り抜けられたのが良かったです。その後の3rdゲームでRogiにもBPチャンスが来たのですが今度はハースがうまく切り抜け、しかしRogiはそこでまた気を引き締めて次の4thゲームをしっかりキープするとその後の5thでブレイクしました。先にブレークしたことで試合を優位にすすめることが出来たようです。

しかし心配なのは第二セット5-3、9thゲーム(ハースserving)0-15の時に、逆をつかれ戻ろうとしたところ足を取られRogiが転んだということ。。試合を見たRogifansのカキコを見るとそれは右足だったようで、スローモーションでは足をひねったように見えたんだそうな。。。Rogiは笑って起き上がり何事もなかったかのようにその後の数ポイントプレーしサービスをブレイクして試合を終わらせたのですが、やっぱし昨年ケガしたのと同じ足ですから心配です。。最初聞いた時はまじドキッとしました。ホントにホントになんともないことを祈ります!!
| AMS Miami | 11:26 | - | - | - | - |
Day6(27th Monday)OOP -マイアミ
やはり3rdRoundハース戦は現地時間7:00〜のナイトセッションに組まれました。今年の全豪で唯一Rogiをファイナルセットまで連れていったハースですからね。注目カードというわけです。彼の初戦であった2ndRoundホルナ戦は6-0,6-3とわずか58分のスピード勝利。うむむ・・やはりタフマッチを覚悟せねば。。
さて、恒例のH2Hは、Rogiの5-2。しかし今年のクーヨン・エキシビションを入れれば5-3ですな。ハースは長い肩の故障から復帰後2勝はしましたが2005年は結局1勝も出来ずにいたところで、全豪でRogiに猛烈アグレッシブにチャレンジしてから大いに自信を取り戻したのか、デ杯をまたいで2勝して波に乗っています。そして彼はフロリダ、タンパの近くのBradentonに現在居を構えているのでいわばここマイアミは第2の地元・・・タフな試合になるのは必至でしょうね。。

クレメンとの試合の写真を見たのですが、なんか差し込まれているのがいつもより多い気がするけど気のせい?調子が悪いというのではなさそうだけど。。ハース戦では先手をとってゲームを支配出来ますように!

GO! ROGER!!よつばのクローバーよつばのクローバー

壁掛時計ORDER OF PLAY - MONDAY, MARCH 27, 2006
続きを読む >>
| AMS Miami | 01:05 | - | - | - | - |
3rdRound進出 -マイアミ
R.FEDERER def A.CLEMENT 6-2, 6-7(4), 6-0

フルセットまでもつれ今年初めてタイブレークを落としましたが、最後はピシャリと完封で勝利し3rdRound進出を決めました。
第一セット 6-2
123456789101112TB
R.FedererKBKKBB
A.ClementKB

第一セット、ハイライトを見るとRogiのパスがFH,BHとも良く決まっていました。動きも速く反応も良いように思いました。欲ばって言うなら7thのServing for Setはしっかり締めてもらいたかったかな。。
第二セット タイブレーク 4-7
1234567891011
R.FedererKBBK
A.ClementBKKBBKK

第二セット、Rogiはチョイト緩んじゃった?という印象がありました。ハイライトを見るとクレメンがよく攻めているのですが、つまりはRogiが後手にまわってしまってたのかなと。。リターンがいつも程いいところに返っていなかったのかもしれません。1stサービスの確率はセットの前半4割を下回っていて、セットの後半確率は5割にあげましたが、Unforced Errors(UEs)が目立ち始め、危ないな・・と思っていたらクレメンもチャンスと見たのかタイブレークうまく攻め、0-4から逆転を許してしまいました。
インタビューを読むと風がワンサイドに不利な状況で吹いていたみたいです。しかし4-0からのRogiのサーブを落とした時は良い方のサイドにいた時で、Rogi自身もそれを落としたことを少し反省していました。しかしそういった反省点はあるものの、その大事な局面でクレメンがミスを犯さずいいパフォーマンスを見せたのが結果として彼が第二セットを取った理由だと言っています。

第二セットをそんなふうに落としてもRogiは落ち着いていました。第三セットは見ての通りのベーグル。またギアを入れ直したようです。2ndゲームでブレイク・バックのピンチが2度ありましたが、これをセーブし2-0としたのが大きかったですね。

ま、ストレートで勝てるのに越したことはありませんが、特に問題はないでしょう。ちょうどこのコートによりしっかりアジャストする機会が持てて良かったのじゃないかと思います。
次の相手はやはりハースですね。。試合は月曜のようです。それまでしばしリラックスしてよい準備をしていいフィーリングを掴んで欲しいっすね。

Good luck, Rogiよつばのクローバーよつばのクローバー
| AMS Miami | 09:59 | - | - | - | - |
Day4(25th Saturday) OOP -マイアミ
Rogiの初戦, 2ndRoundクレメン戦はスタジアムコート第三試合(現地時間3時以降スタート)に組まれました。クレメンは一時期怪我で調子を落としていましたが、1ヶ月前のマルセーユ準決勝では、ナダル(怪我復帰最初のトーナメントとは言え)を破り、決勝ではアンチッチをストレートで破り優勝していますので、要注意です。

さてH2HはRogiの5-3。しかしよく見ると最初の対戦1999年を除き、比較的速いサーフェスやインドアの時はRogiが勝ち、2回対戦した全豪ではクレメンが勝っています。でも、Rogiも決してこのコートは不得意じゃなく、昨年やジュニアのオレンジボールでもここで勝ちましたし、練習風景の写真でもいい表情してますからきっといい感触を得ているんじゃないかと期待。。昨年このマイアミに来てくれたお友達のReto・シュタウブリさんが今回も来てバックアップしてくれているようだしね。。

とにかくいつも通りの準備が出来て、いい流れを呼び込むいいプレーで次に進んでもらいたいっす!

Good luck, Roger!!よつばのクローバーよつばのクローバー

壁掛時計Order of Play Saturday 25 March 2006
続きを読む >>
| AMS Miami | 19:44 | - | - | - | - |
ドロー出ました!-マイアミ
鉛筆2006 NASDAQ-100 Open - Men's Singles

ぬぬっ!またまた早いうちからタフな試合になりそうですね。。初戦となる2ndRoundはルックザックかクレメン、3rdRoundでハース、4thRoundでアンドレエフ or フェレロ、QFでブレーク or ニエミネン or チェラ or ガウディオ、SFでロディック or サフィン or ヒューイット or フェラー or コリア・・・決勝はやっぱりナダル?それとも??

マイアミはインディアン・ウェルズと気候が違い蒸し暑くなるから、くれぐれも健康には留意していい準備をしてもらいたいっすね!
<追記>ちなみに昨年のRogiの初戦は土曜日でした。今年も25日か26日になると思います。
Good, luck, Roger!!
| AMS Miami | 07:39 | - | - | - | - |
決勝18連勝!!!!! -マイアミ
KEY BISCAYNE, FL - APRIL 03: Roger Federer of Switzerland lifts the trophy after defeating Rafael Nadal of Spain in the men's final during the NASDAQ-100 Open at the Crandon Park Tennis Center on April 3, 2005 in Key Biscayne, Florida. Federer won the match 2-6, 6(4)-7,7-6(5), 6-3, 6-1 (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)
2-6, 6-7(4), 7-6(5), 6-3, 6-1!!!!!今年5つ目のタイトルを獲得しましたっっ!!おめでとう!Roger!!
そして2setsダウンからの優勝!よくやった!Roger!!
ホントRogiは真のチャンピオンだということを改めて示してくれたと思います。

しかし、いやはや・・ホント苦しい決勝戦でした。ナダルの調子が最初っからものすごくよくって、Rogiはレフティであるナダルのボールにイマイチ合わないみたいでエラー連発・・・ナダルの根性の入ったパッシングとかもどんどん決まり第一セットはなんと2ブレイク、RogiはBPをひとつも取ることができずこのセットを取られてしまいました。

第二セットでも先に1stゲームをブレイクされ直ぐにRogiブレイクバックして4thでもブレイクしてリードするも、Serving for setでブレイクバックされてしまいます。続く10thでセットポイント2つ握るもボレーをはずしてしまいタイブレークにもつれ、結局タイブレークも取られ2stesダウンに・・・

第三セットでも4thゲームで先にブレイクを許し一時1-4に。しかしどうにか7thでブレイクバックしこのセットもタイブレークに突入。タイブレークでも先にミニブレークを許し追いかける厳しい状況。
しかし3-5でナダルのサーブをミニブレイク出来たのが大きかった。その後2本サービスキープしこのタイブレーク始めて6-5とRogiリードしナダルのサーブ、ナダルのフォアがバックアウトし7-5でタイブレークを取りこのセットを取りセットカウント1-2としました。

第四セットRogiは少しフォアの感触が戻り始めエラーも少なくなってきました。それまで肝心のところでエラーしてラケットを投げつける場面もあったのに我慢して自分のリズムが戻るのを信じてプレーしてきたからだと思います。それはもうほとんど1の意地だったんじゃないかと・・・
4thゲームでブレイクしあとはキープしこのセットも取り2-2とし勝負はファイナルセットへ!

ファイナルセット、ナダルは疲れが見られ得意のフォアにエラーが目立ち始めました。しかし最初にチャンスを掴みそうになったのはナダルでした。2ndゲームRogiのサービスで40-loveとするもそこから3ポイント連取デュースとします。しかしそこからRogiが突き放しこのゲームを取ると、3rdゲームナダルは疲れからかダブルフォルトでRogiにBPを与え、ナダルは果敢にS&VをするもRogiにパスを抜かれこのゲームをブレイク。
そして5thでもナダルのエラーが続きRogi2ブレイクアップとして6thでRogiがサービスキープするとナダルにはもう力が残っていませんでした。。

Rogiは調子はけっしてベストではない中、2setsダウンからの我慢の逆転勝ちは本当に価値ある勝利だったと思います。
いやホント二人の調子からするとどうしてRogi勝っちゃったんだろ?という気もします。それくらいRogiはナダルに押されていましたから。

ナダルにとっては辛い決勝戦逆転負けであったろうと思う。でもここで初めてのTMSの決勝であっさり勝っちゃうのは案外彼の将来に良くなかったかもよ。。なんて・・・

でもホント勝てて良かったぁ〜〜。
| AMS Miami | 08:03 | - | - | - | - |