SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
4thRound進出 - US Open
R.FEDERER der V.SPADEA 6-3, 6-3, 6-0
Match Time:1h28m
テレビジョンビデオ6th geme 3rd set
テレビジョンビデオGreat Smash
(youtube meworldさんから拝借 Thanks meworld!)

初対戦時のベーグルをお返ししましたね〜嬉しい
仕事中だったのでスコアをちらちらと見るだけだったので詳細はわかりませんが、快勝だったみたいです。今PointTorackerを追ってみたのですが、BPピンチの時の集中度をあげて、エースやウィナーでブレイク一度もを許しませんでした。でも、かなりの強欲を言えば、自らのUEでBPピンチを招いていたのが4度のBPのうち3度あったので、これから先それがなるべく出ないことを祈りたいっす。

次はノーシードから勝ち上がってきたジケルです。しかしまたまた火曜日水曜日とお天気が湿りがちのようで心配です。早い時間ならもしかして試合は出来るかもしれませんが、第一試合は女子になりそうですからね〜・・

とにかく、リラックスしていい休息といい準備をしてもらいたいっす!よつばのクローバー

↓↓Score&Match Summary↓↓

続きを読む >>
| GS US Open | 00:44 | - | - | - | - |
Schedule of Play, Day7 (Sun) - US Open
壁掛時計Schedule of Play, Day 7: Sunday, 3 September

3rdRoundスペーディア戦はアームストロング・スタジアムのナイトセッション第一試合に組まれました。雨でスケジュールが大幅に押している為、きっと本来ならアーサー・アッシュでの試合だったでしょうが(相手はアメリカ人ですし)、これは仕方がありませんね。よって4日日本時間8:15〜のWOWOW放送もありません。ま、次に期待しましょう。

さて、二人のH2Hは1-1。しかし対戦は1999年のウィーンでの大会以来7年ぶり。この二人の初対戦は同じく1999年のモンテカルロなのですが、その時ストレートで敗戦し第二セットではなんとベーグルを食らっています。。その半年後のウィーンではベーグルこそありませんでしたが、ストレートでスペーディアを下しリベンジを果たしました。
スペーディアは初戦で昨年ロディックに対して大番狂わせをしたミュラーでしたが、彼をストレートで下し、ビヨークマンに対しても同じくストレートで勝ってきているので調子はいいみたいです。ホームでの1との試合、観客の声援を得て必死で挑戦してくるでしょうから、Rogiは注意が必要でしょうね。
しかし、そんな観客の声援が相手に多くあることは当然とRogiは思っているでしょうから、ただ相手を乗せることないよう、自分のいいプレーを心がけ集中してくれると思います。今大会初めてのナイトセッション、Rogiはその雰囲気が好きなようですし、それを楽しんでもらいたい。そしていい勝ち上がりをしてもらいたいっす!

GO, ROGER!!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
| GS US Open | 12:06 | - | - | - | - |
Between HOT legsショット&3rdRound進出!- US Open
R.FEDERER def T.HENMAN 6-3, 6-4, 7-5
Match Time:2h2m

第三セットの4thゲーム40-15での足の間からのボレー&BHパスDTLのコンビネーションshotsすごかったですね。あれはかなりリラックスしてたから出来たショットだったのではないでしょうか。ヘンマンもプレー中に笑ってましたね。Rogiも驚きながらも素敵な笑顔を見せてくれていました。
テレビジョンThe between HOT legs Shot(youtube)
その辺りのゲームは「ぉぃぉぃ、Rogiリラックスし過ぎ!」とツッコミを入れてしまうくらい集中度のレベルが落ちていましたが、6th辺りから徐々に集中度を上げてきて、10thゲームの3連続エースや11thのブレイクゲーム、12thのServing for Matchのゲームの集中度はすごかったです。

試合全体の印象は、ドッシリとして落ち着いていましたね。パーフェクトとは言いませんが、いいサービス,パッシングshots,フットワーク,ディフェンス大事なポイントでの高い集中力を見せてくれました。

さて、次の3rdRoundはビヨークマン or スペーディアどちらが来るでしょうか。週末のNYのお天気は予報では悪く、特に土曜日は降水確率100%となっています。調整が難しいとは思いますが、Rogiはどうすべきか知っていると思うし、自分に出来うること、やるべきことをしっかりとやってくれるでしょう。良い休息と良い準備が出来ますように!よつばのクローバー

↓↓Score & Match summary↓↓
続きを読む >>
| GS US Open | 03:16 | - | - | - | - |
Schedule of Play, Day5 (Fri) - US Open
壁掛時計Schedule of Play, Day 5: Friday, 1 September

Rogiの2ndRoundヘンマン戦はAAスタジアム第一試合、現地時間11:00am〜に組まれました。ちゅうことは、WOWOW3(193ch)で放送されますよね!

さて、二人のH2HはRogiの5-6と負け越していますが、現在4連勝中。今年のWimbyでも快勝しましたが、今回はどうでしょうか。ヘンマンもUSOの方がWimbyよりプレッシャーが少ないだろうからリラックスして試合に入ることが出来るし、そうなるとボレーも決まる確率が高くなるかもしれません。初戦は快適にプレー出来ましたが、今日はも少し競ってプレッシャーのかかる場面も出てくると思います。そのような大事なポイントで、集中度を上げたRogiらしい、美しいプレーが見たい。

髪を切って、笑顔はかわいらしく若返った感もありますが、その佇まいというか落ち着いた物腰は、アガシという巨星が去ろうとする中にあって、プレーヤーとしての1だけじゃなく、テニス界を代表する一人の男性としてさらに自覚し、彼ならではの個性と、その深みを増してきたような気がします。セクシーさもUPしたという印象ですよね。

ちょいと話はそれちゃったけど、とにかく、どっかりとフラッシング・メドウズに根を張ってしっかりと勝って次に進んでもらいたいっす!!

GO,ROGER!!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
| GS US Open | 21:51 | - | - | - | - |
Eurosport独占インタビュー
大誤訳してる可能性大だけれど、興味深い話があったのでガムバッテ訳してみました。
便箋The real Roger Federer - part 1

Eurosport - Michael FitzGerald - interview by Matthias Stach - 30/08/2006 16:40

ロジャー・フェデラーは、全米オープンで今年の彼の3回目のグランドスラム・タイトルを獲得する機会を得ています。多くの人々によって、彼は既に今までで最も偉大なプレーヤーとして語られています。ニューヨークの彼が滞在するのホテルのスイートルームで、彼は独占インタビューの機会を我々に与えました。そして、ファンがテニスコートでは見ることのない彼の側面を明らかにしました。

Q. どのようにあなたはこのホテルに泊まることになりましたか?なぜ、あなたはここに決めたのですか?

RF.今回でここのスイートを予約したのは2度目なんだ。静かで居心地のいいホテルだからね。実はここは偶然スイスの前大統領(onm註:アドルフ・オギ氏)から教えてもらったんだ。僕はその時、国連の「スポーツ年」(onm註:参考) のイベントに参加する為にここに宿泊した。以来ここを気に入ってるのさ。スイス人の総支配人がここにいるからだろうね、僕らにとってここはくつろげるんだ。

Q.それは昨年と同じスイートですか?あなたはその点で迷信深いですか?

RF.同じ種類のスイートだけど、その時とは別のフロアだね。僕は迷信的なタイプの人間じゃないんだ。
↓↓つづく↓↓
続きを読む >>
| GS US Open | 07:06 | - | - | - | - |
2nd Round 進出 - US Open
R.FEDERER def Y.T.WANG 6-4, 6-1, 6-0
Match Time:1h40m
Match Summary
R.FedererY.T.Wang
1st Serve %40/64(63%)50/104(48%)
Aces73
Double Faults16
Unforced Errors1831
Winning % on 1st Serve36/40(90%)26/50(52%)
Winning % on 2nd Serve10/24(42%)21/54(39%)
Winners (Including Service)4422
Receiving Points Won57/104(55%)18/64(28%)
Break Point Conversions8/18(44%)1/1(100%)
Net Approaches19/25(76%)12/25(48%)
Total Points Won10365


WOWOWで第一セットの途中まで放送してくれましたが、なんか今日はバックハンドが良かったようですね。相手がまだ少し格下というのもあったかもしれませんが、USOのポイント・トラッカーのマッチ・ヒストリーを見てると"Federer wins the point with a BH winner"というのがいつもの試合より多いように感じました。

第一セットは最初のゲームでブレイクして、1ブレイクアップでセットを取ったわけですが、ワンが段々良くなってきてるので第二セット以降どうかと思いましたが、あけてみると「フェデラー・ベーカリー・ショップ、オープン」という文字がrf.comのフォーラムで躍っていたように快勝でした。(6-1=ブレッド・スティック、6-0=ベーグル)ホントはダブル・ベーグルだったのだけれど(第二セットのServing for setでブレイクバックを許してしまったので・・・)ま、バラエティ豊かな品揃えの方がお店の為にはいいし・・なんてネモグモグ

さ、次はヘンマン or ルゼツキーですがどちらが来るでしょうか。やっぱヘンマンでしょうかね。(現在ヘンマンが2sets up中)
とにかく一つ一つしっかりとした足取りで試合に勝っていってもらいたいっす。次に向けていい休息といい準備が出来ますように!よつばのクローバー

テレビジョンRoger Federer on-court interview after defeating Wang
| GS US Open | 07:07 | - | - | - | - |
Schedule of Play, Day3 (Wed) - US Open
壁掛時計Day 3: Wednesday, 30 August
Rogiの初戦はAA(アーサー・アッシュ)スタジアムの第二試合に組まれました。一応明日の天気ですが午後から金曜日までは晴れる模様。雨でズレズレになったらタイヘンだ、と思ってたので少し安心。。でももしかして29日雨で試合途中になっているモレスモの試合が入ってくる可能性もあるのでこまめにスケジュールはチェックしませう。。
<12:33訂正>
やはりモレスモの試合が第二試合となり、Rogiは第三試合となりました。

さて、その初戦の相手はワン・イェーズー、H2Hはナシ、初対戦です。
この選手、2004年のWimbyでのロディックの初戦の相手でチラッと見たのでは、柔らかいうまいテニスをするなーという印象でした。ランキング109位ですが、今年の2月にサンノゼでブレークをストレートで破っているし、クィーンズ(芝)でビヨークマンやダビデンコを破っています。やはり注意してかからねばなりません。ワンはそのプレースタイルからして恐らくRogiの試合をよく見ているのじゃないかと思われるので、Rogiの攻めを読んでいい切り返しを返してくるかもしれません。でもそこをしっかりガッチリと攻めきってもらいたい。

過去のワンの試合を見てみると、スタンくんやアレグロやマルコくんらのスイスの選手達が過去に対戦していたので、彼らからなんらかの情報を得ていることと思います。(スタンもマルコも2回戦進出しましたね)もちろん、実際プレーしないとわからないとは思いますが、全く未知の相手じゃないというところが準備をする上でも違いを生むと思います。

とにかく、いいプレーで勝って、いい感触を得てもらいたいっす!
GOOO! ROGER!!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
| GS US Open | 10:44 | - | - | - | - |
ドロー出ました!- US Open
鉛筆US Open 2006 Men's Singles Championship

むむむ・・・なんかまた二つのうちタフな方のドロー引いちゃった?
初戦は台湾の21歳WANG, Yeu-Tzuoo。たしか2004年ウィンブルドン一回戦でロディックと当った選手ですよね。2ndRoundはヘンマン or ルゼツキー、3rdRoundは昨年ロディックに大金星をあげたミュラー or 新旧アメリカ勢(スペーディア or ジェンキンス) or ビヨークマン、4thRoundはガウディオ or シンシナチRUのフェレロ、QFではベルディヒ or ツルスノフ or ブレーク(ここにはモヤもいるしでタフなセクションですね)、SFはナル(ナルは2RDでサフィンと当るかもしれません) or ジネプリ or ゴンちゃん or マーレィ or ダビデンコ、決勝はさて誰でしょうか・・?シードで言えばラファ or リュビ or ロブレド or バグ(2RDでアガシと当りそうですね) or ロディック、若手ではジョコビッチにガスケにモンフィスがいますが・・・

Rogiは初戦の相手とは初対戦の相手なので油断は決して出来ませんが、段々厳しい相手になっていくという点を考えると、厳しいドローですがRogiにとってはちょうど良く働くかもしれません。
そうなりますように。。。 ☆彡     (-人-) 

ラファは天敵もいないし奥まで進む可能性大ですね。。この大会が最後で引退を表明しているアガシはバグダティスと2ndRoundで当りますね。面白そうですがアガシには厳しいかも。。

さてさて、Rogiの誕生日に大作のお手製写真集をつくったシルヴィもアルゼンチンから応援に駆けつけてるみたいだし(彼女は今年のマイアミにも来ていました)、本番に向けていい調整をしてもらいたいっすね!よつばのクローバー
| GS US Open | 21:03 | - | - | - | - |
決勝戦ビデオハイライツ -USオープン
R.FEDERER def A.AGASSI 6-3, 2-6, 7-6(1), 6-1 -Final
パソコンLowBand
パソコンHighband

パソコン第三セット タイブレーク LowHigh
パソコン第四セット Serving for the Championship LowHigh
パソコン優勝セレモニー LowHigh
パソコンインタビュー LowHigh

パソコンDay 14 - Sunday, September 11, 2005
| GS US Open | 12:01 | - | - | - | - |
フェデラー2連覇達成 -USオープン
6-3, 2-6, 7-6(1), 6-1!!!!!!!!!!
ヤッター!!!smile_bounceレジェンド・アガシの猛追を振りほどき今季10勝目&GS6勝目&決勝23勝目&全英&全米2連覇(オープン化以来初)&ハードコート35連勝(サンプラスを抜き1位)を飾りました!!
おめでとうROGER!!
とにかくうれしい!!休みをとった甲斐があったというもんです!

2005 US OPEN CHAMPION

昨日、WOWOWに出演されていたテニスジャーナルとテニス・マガジンの編集長のお二人が3-0でRogiの勝ちと予想していました。私はもちろんそうなることを望んでいましたが、きっと負けはしないだろうけれど、アガシはそんな簡単には勝たせてくれないだろうという予感がありました。なんと言っても相手は「アガシ」ですからね。しかし本当にきっとみなさん予想以上にアガシはやってくれたと思っているのじゃありませんか?ラリー戦ではアガシの方がポイントをとっていましたしね。
矢継ぎ早のアガシの力強いショットとRogiの軽やかに踊るように繰り出される数々のバラエティショット、見ていて本当に楽しい決勝でした。
私はまだまだアガシには辞めないで欲しいと本当に思います。この二人の戦いをまだまだ見たい!

第一セット 6-3
123456789101112TB
R. FedererKKKBKK
A. AgassiKKK

この大会始まって以来Rogiのサービスとショットの調子が一番良かったセットじゃなかったでしょうか。しかし振り返って見てみると、8thゲームでトリプルBPをコンバート出来なかったことが、後の第二セットでのアガシを勢いづかせるきっかけになった気がします。
第二セット 2-6
123456789101112TB
R. FedererKK
A. AgassiKBKKKB

このセットはもうアガシが良かった、それに尽きます。2ndゲームでアガシのすごいリターンが2回とFHのウィナーが決まりto15でブレイクされてしまいました。すぐ後の3rdゲームで2度のBPを掴みましたが、アガシは素晴らしいサービスを入れてそれを許しませんでした。このセットはRogiがどうのというのではなくアガシが良すぎた、そんなカンジでした。
第三セット 7-6(1)
123456789101112TB
R. FedererKKBKKK7
A. AgassiKKKBKK1

第二セットでアガシがすこぶる調子をあげて攻撃しつつもエラーが殆どない状態だったので、Rogiはプレッシャーを感じたのかこのセットではショットの調子が狂ってきて前半エラーが増えてきました。勢いはアガシに行っていました。6thでRogi、FHエラー,アガシのナイスリターン,Rogiのスィングボレーのエラーで0-40のピンチを招いてしまいます。サービスで30-40とするも、次BHをネットにかけブレイク、2-4down。スタジアムは怒涛のごとく歓声があがりました。
7thアガシサーブ、Rogiの二つのエラーで30-0。しかし今年のRogiは追い詰められてそこからギアを上げてくるという、昨年とはまた違う強さを身に着けました。次のポイント鮮やかなBH・DTL、これがキーショットだったと私は思います。そしてアガシのエラーで30-30、次RogiのFHウィナーでBPを掴み、このチャンスをBHウィナーでとってすぐにブレイクバックをしました。
それまでRogiらしくないエラーが出ていたのが、あのキーショットを境にピタッと止まり、それを察知したアガシに今度はエラーが出始めました。11thでRogiが立ち直ってきたのとアガシのエラーとでRogiは4度のBPを掴みます。しかし、アガシは必死で耐え、Rogiもいいリターンを返すことが出来ず中々コンバートできません。面白いのがデュースコートへのサーブの時はRogi、アドコートの時はアガシがポイントを取っていました。4つ目のBPをサービスエースで切り抜けた後の13ポイント目それをアガシがBHウィナーで取りADとし次サービスウィナーで決めると、またまたスタジアムはアガシのナイスセーブを称える大声援の嵐。しかし今までとばしていたアガシは少し体力的に既にキツかったのかも・・
そしてプレッシャーのかかる12th、これをきっちり危なげなくキープし勝負はタイブレークへ!
タイブレーク 7-1
12345678
R. FedererKKBBKKB
A. AgassiK

このタイブレークでのRogiの集中度とギアアップはすごかった。アガシは4ポイント目1stサーブをフォルト2ndサーブ、先ほどの11thゲームでアドコートでのリターンの時はRogiは全部逃していたのに、ここでBH-DTLのリターンを決めて3-1Rogi。そして次Rogiの低く滑るスライスのリターンがコートの中程に返りそれをアガシBHがロング,4-1Rogi、ダブルミニブレイクでRogiサーブ、ここで果敢に攻めたアガシのFHがジャストアウト,5-1Rogi。そしてチェンジエンド後もナイスサーブで6-1Rogi,セットポイント。そしてここでまたアガシのワイドサーブをBH-DTLリターンエース!セットカウント2-1とリードしました。
第四セット 6-1
123456789101112TB
R. FedererKBKBKK
A. AgassiK

このセットではもうアガシはガス欠状態だったようです。またRogiは決して相手につけいる隙を与えませんでした。6thアガシのサービスゲーム、Rogiは2度チャンピオンシップ・ポイントを掴みますが、アガシはベーグルを避ける為に力を振り絞り意地を見せてくれました。
そして7th40-0,3度目のチャンピオンシップ・ポイント、2ndサーブ、アガシのリターンがロング、Game Set and Match, FEDERER!

時は9/11、23,000人の観客の殆どがアガシを応援する逆風のなか、第三セット終盤の集中とギアの上げ方は正に"王者"でした。勝利の瞬間その喜び方を私はどこかで見ました。そう、1998年ウィンブルドン、ジュニア部門で優勝した時(米国から購入した'03ウィンブルドン決勝のDVDの中にその映像が入っていました)。自分の陣営に向かって両手を挙げて横にツーステップ。そして笑顔、無邪気な笑顔はその時(16歳)とたいして変わっていないんですよね。

そしてアガシ、そんな王者の6回あったGS決勝のうち04ウィンブルドンと同じくらい素晴らしい決勝だったので、本当にまだまだツアーに残ってファンを楽しませて欲しいです。
(提案)ジャズちゃんがお父さんのプレーしている姿をしっかり記憶するくらい大きくなるまでは続けてみるってのはどうでしょうかね?ということはあと最低でも5〜6年,コナーズを抜いて欲しいっすよね。
さて最後にRogiについてアガシの会見の一部から引用。
ロジャーとの対戦では、自分のサービスゲームを1-0とキープしたぐらいで「よし!よくやったぞ!」って思えてしまうんだ。(会場笑い)こんなの彼だけだよ。
いや、これは面白おかしくしようとして言ってるんじゃなくて本当にそうなんだ。彼はあらゆるポイントからでもブレイクすることが出来る。僕がサービスしていて30-0、彼が1ポイントをとって30-15だ。プレッシャーを30-15で感じるなんて他のヤツではまず、いないね。だからあらゆるポイントあらゆるショットで緊迫感がある。それはとんでもない挑戦だよ。

| GS US Open | 09:16 | - | - | - | - |