SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
4thRound進出 - Wimbledon
R.FEDERER def N.MAHUT 6-3, 7-6(2), 6-4

今日も落ち着いていましたね。マウーは要所で特に第二セットではいいサービスを入れてブレイクを許しませんでしたが、ゲームが奪えなくてもRogiはじわりじわりと相手にプレッシャーを与えていたような気がします。第二セットの最初のポイントのリターンも見事にパスしたし、このタイブレークと第三セットに入るとRogiのリターンが良く返っていたように思います。

第三セットの9th,Serving for Matchでブレイクバックを許したのはちょっとバッドでしたね。。それまでしっかりいい集中が出来ていたから余計にそう思うのかもしれませんが。。
再度10thでブレイクしこのセットで決着をつけることが出来た時はホッとしました。やっぱ、正夢防止が効いた?

さて、次の4thRoundはハースとのタフなフルセットマッチを勝ち上がったベルディヒになりました。月曜の試合になるので2日間試合がありませんが、その間ミルカやチームのみんなとリラックスしたいい時間を過ごし、2週目に向けて良い準備をしてもらいたいっす!よつばのクローバー
| GS Wimbledon | 06:17 | - | - | - | - |
OOP Day5 (Friday, 30 June) - Wimbledon
壁掛時計Schedule of Play: Day 5: Friday, 30 June

Rogiの3rdRound、N.マユ(?)戦は1時〜の第一試合ヒューイットの試合が日没サスペンデッドになり翌日順延となった為、その続きが1コートの第一試合に組まれました。その為Rogiの試合は第二試合となりました。
さて二人のH2Hですが今回が初対戦となります。現在ランキング77位(最高位が6/19時点で76位)、チャレンジャーを中心に周っている24歳フランスの選手ですが、何度かRogiが出場していた大会にもエントリーしていたしRogiは仏語をしゃべれるので、Rogiにとって全くの未知の相手ではないと思われます。背が高く(190cm)で今年フランスのチャレンジャー2大会(ハードコート)と京都のチャレンジャー(カーペット)で優勝しているので、ビッグサービスの持ち主でしょうね。今年のクィーンズでもステパネクを破りQFまで来てランキングをあげました。しかしウィンブルドンはダブルスで'04,'05年に出場していますが、シングスルは初出場です。

ナダルの2回戦を見ながらうたた寝していたらまた夢を見ました。うらおぼえだけど、Rogiが2setsアップ、しかし第三セットを取られたという内容だったような・・・(私って影響受けやすいっすね・・小心者だからかしらん・・?)初戦,2ndRoundとタフな相手で苦戦が予想されたのにそれを覆しストレート勝ち、今回は楽勝ムードがあるかもしれないけれどその考えは危険かもしれません。初対戦で相手はビッグサーバーでバンバンエースが決まれば前の二つの試合よりスコアは競る可能性があります。相手は失うものがありませんから積極的に攻撃的にプレーしてくるでしょうから、やはり要注意です。

しかし、連勝記録からもわかるように、Rogiはグラスコートの特性を熟知しそれを思い存分活かせるテクニックとハートを持ち、ウィンブルドンでの経験・試合の経験の量で彼を圧倒しているので、難しい試合であっても必ず解決策を見つけ出し勝利に結び付けてくれるものと信じます。

とにかく集中&リラックス&Enjoy your game!で行ってもらいたいっす!
Go! Roger!!よつばのクローバー
| GS Wimbledon | 06:38 | - | - | - | - |
3rdRound進出! - Wimbledon
R.FEDERER def T.HENMAN 6-4, 6-0, 6-2

Rogi終始落ち着いていましたね。集中度も高かったし。きっとそれがヘンマンに無言のプレッシャーを与えていたのかもしれません。ヘンマンは第二セットの1stゲームでの2つのダブルフォルトが痛かったですね。。ラッキーコードボールもあったし、なんだかあのブレイクで流れが一気にRogiに来ました。

第三セットに入ってもRogiは集中度が高くそのレベルもほぼ一定していました(2ブレイクアップ後の4thゲームではちょっと緩んじゃったけど・・)。ヘンマンにエラーが多過ぎだったとは思いますが、しゃーないか・・と思えるくらいRogiは自信に溢れ落ち着き払っていたと思います。

明日は今大会初めてのオフ日になりますね。ゆっくりミルカと楽しくくつろいでリフレッシュし、3rdRoundに向けていい準備をしてもらいたいっす!よつばのクローバー

Match Summary
R.FedererT.Henman
1st Serve %44/71(62%)39/61(64%)
Aces60
Double Faults03
Unforced Errors817
Winning% on 1st Serve35/44(80%)22/39(56%)
Winning% on 2nd Serve17/27(63%)7/22(32%)
Winners (inc.Servece)2314
Receiving Points won32/61(52%)19/71(27%)
BreakPoint conversions6/8(75%)0/2(0%)
Net Approaches12/13(92%)12/29(41%)
Total PointsWon8448

| GS Wimbledon | 07:35 | - | - | - | - |
2ndRound、第三試合に繰り上がりました!
第三試合のクライシュテルス対クツゾヴァの試合ですが、クツゾヴァが体調不良により棄権、クライシュテルスが不戦勝となり、第四試合のRogiの2ndRoundヘンマン戦が繰り上がりました!

asukamuraさん、教えてくれてありがとう!
私は仮眠をしてちょうど起きたトコだったので、慌てて録画予約を早めました!

早めに起きてよかった!
| GS Wimbledon | 00:33 | - | - | - | - |
OOP Day3 (Wednesday, 28 June) - Wimbledon
壁掛時計Schedule of Play Day 3: Wednesday, 28 June

Rogiの2ndRoundヘンマン戦はセンターコートの第四試合に組まれました。Rogiはヘンマンを"ベストフレンド"に選んでいましたね。きっと、ゆったりしててカリカリキリキリしないところが合うんでしょうね。二人ともナイス・ガイだしいい試合になると思います。

さて、二人のH2HはRogiの4-6。数少ない負け越ししている相手です。戦歴をよく見ると、インドア・速いサーフェスではヘンマン有利、アウトドア・比較的遅いサーフェスではRogi有利という傾向になっていますね。
2001年ウィンブルドン4回戦でサンプラスを破り、その後QFでヘンマンと当っていますが、その時のマッチサマリーを見ると、スコア通り競っているのがわかります。肝心のポイントでヘンマンの方がいいプレーをした or Rogiがミスしたというところでしょうか。。偉大な憧れでもあるサンプラスを破る大金星をあげて、頭の中をきちんとリセット出来ずヘンマン戦に臨んでしまった、みたいなことを後に振り返ってRogiは語っていました。

ヘンマンにはネットという武器があって、最近はそれをうまくミックスして使っているわけですが、やはり甘くなるとネットを取られる!というのがプレッシャーになるのでしょうね。ソダーリンもそのプレッシャーからか、無理なショットがエラーになってゲームを落とすというシーンがあったように思います。
RogiはここWimbyの観客には愛されていますが、しかしなんと言ってもヘンマンの地元、観客の大きな後押しがあります。やはりタフな試合になるでしょう。でもRogiは一度それを経験しているので、今度はすべきことにしっかりと集中してくれると信じています。

Go! Roger!!よつばのクローバー
| GS Wimbledon | 08:18 | - | - | - | - |
好スタート! - Wimbledon
R.FEDERER def R.GASQUET 6-3, 6-2, 6-2
Match Time:1:12

早っ!まさしく今日のRogi、FEDERER EXPRESS!!でしたね!
ヘヘ〜♪♪v(⌒o⌒)v♪♪、それと正夢防止コメントが効いたと勝手に喜んでおります。皆さん、読んでくれてありがとう!

ホンマ、昨日いいとことで雨中断になったと思います。ちょうどガスケのリズムが良くなってきたすぐ後でしたからね。
今日の再開後すぐのサービスゲームさえキープすれば、この第二セットも取れる可能性が高いと踏んでいたのですが、思った通り、ガスケが温まりきる前にRogiがたたみ掛け、ガスケのリズムを失わせてしまいました。
2sets upになってRogiはますますリラックスして良くなって来ました。動きも滑らか且つ俊敏で、ショットもキレよく自由自在・・・

ガスケは前のトーナメント優勝してすぐ後だったし、Wimbyで調整する時間もなかったしで力を出し切れなかった、というカンジでしたね。や雨遅れ&翌日順延というシチュエーションにもまだ若いし慣れていなかったのかも。。

でもホントに、グラス連勝新記録;42連勝を飾るのに相応しい内容でしたね。しかしRogiは新記録の表彰を受けるつもりはないと25日のインタビューで答えていました。あくまでも大会最終日にトロフィーを受け取りたいと彼は思っていて、連勝記録は素晴らしいことだけれども、だからと言ってなにか記念品等を受け取ることを潔しとしないところに、Rogiの美学がありますね。グッド彼の言う通り今日の勝利をただ通過点にして一つ一つ進んで行ってもらいたいっす。

次の相手はどちらでしょう?今Wimbledon LIVE(有料)でソダーリンvsヘンマンの試合を見ながらこれを書いているのですが、やっぱ、ヘンマンのボレーのタッチはいいですね。ソダーリンのパワフルサービス&FHもすごいし・・

とにかく、タフドローですから1戦1戦に集中して、どちらが来てもしっかりといい準備をしてもらいたいっす!よつばのクローバー

Match Summary
R.FedererR.Gasquet
1st Serve %47/70(67%)54/69(78%)
Aces52
Double Faults11
Unforced Errors1311
Winning% on 1st Serve40/47(85%)30/54(56%)
Winning% on 2nd Serve15/23(65%)8/15(53%)
Winners (inc.Servece)355
Receiving Points won31/69(45%)15/70(21%)
BreakPoint conversions5/7(71%)0/1(0%)
Net Approaches21/25(84%)8/16(50%)
Total PointsWon8653



↓ Video Highlight :Federer vs Gasquet 1stRound 06Wimby ↓
続きを読む >>
| GS Wimbledon | 00:02 | - | - | - | - |
OOP Day2 (Tuesday, 27 June) - Wimbledon
壁掛時計Schedule of Play Day 2: Tuesday, 27 June

結局初日は40分程試合が行われただけで、雨でサスペンデッド2日目に順延となりました。続きは2日目のセンターコートの第二試合に組まれました。

第二セット1-2、自分のサービスからの再開というのは、ガスケからすると取りに来るだろうし、Rogiの方にプレッシャーがかかるものですが、いつも通り、試合開始のサービスゲームをプレーするように落ち着いていけば大丈夫だと思います。そしていつもの第一セットをプレーするようにこのセットをプレーして2sets upとし、そのまま一気に行ってもらいたいっす。

ところで、ヘッドバンドのくくり方、昨年の全米以前の頃のくくり方に戻っていましたね。私今のくくり方の方が前の髪をピッチリヘッドバンドの下にしまいこむのんより好きなのでうれしかったっす。恐らくRogiオタGirlsの皆さんも同意見だと思います。Rogiが舞うとRogiのカールした美しい髪も一緒に踊るんですよね。(○⌒∇⌒○)

とにかく、油断ならない相手ですが、リラックス&フォーカス,いち早く自分のリズムを掴んで波に乗ってもらいたいっす!

Go! Roger!よつばのクローバー
| GS Wimbledon | 05:14 | - | - | - | - |
OOP Day1 (Monday, 26 June) - Wimbledon
壁掛時計Schedule of Play Day 1: Monday, 26 June

いよいよですね。ガスケはノッティンガムの大会で2連覇して気分良くWimbledonにやってくるんでしょうね。2連覇なんてそうやすやすと出来るものではありませんからね。グラスでの戦歴を見ても彼のプレースタイルに合ってるというのがわかります。ほんま危険です。。しかし、優勝してくれて良かったと言えるかも。。
さて、二人のH2HはRogiの3-1。つい11日前に対戦してRogiが逃げ切りました。これはRogiにとって、すべきことが見えそれに集中出来るだろうし、何よりまだ芝に慣れていない疲れもあるタフな状況で勝ったという事実が彼を助けるだろうと思います。

初戦、相手はガスケ、新レコードもかかってるし緊張もするとは思いますが、ケガなど何事もなく真新しく美しい芝のセンターコートに立てる感動・喜びをまずは味わってもらいたいっす。きっと緊張も良い具合にほぐれ、いい集中に入れるでしょう。私もそのRogiの感動を一緒に味わいたいと思います。

Go! Roger!よつばのクローバー

| GS Wimbledon | 07:04 | - | - | - | - |
ドロー出ました!-Wimbledon
鉛筆Wimbledon 2006 Gentlemen's Singles Championship

こりゃまた、なんというタフドロー!初戦がガスケ!で2ndRoundがソダーリンorヘンマン!3rdRoundは確かWimbyジュニアタイトルを持っているメルツァー or Rogiがメインドロー初出場の初戦当ってでフルセットの末敗れたJ.ノバク or ハレのベスト4のビリゲン、4thRoundはハレ、ベスト4,ハース or ハレ、ファイナリスト,ベルディヒ、QFはジョコビッチ or モンフィス orスリチャパン or アンチッチ、SFはナルバンディアン or ブレーク、決勝はヒューイット or ロディックor リュビ??

どうみてもトップハーフとボトムハーフ、タフさ加減にかなりの差があるように感じるのは私だけか?尚且つRogiのとこの1/4が一番タフのような気がする。。
ナダルは3rdRoundでアガシと当るかもしれないけど、彼は何ヶ月も試合に出ていないし先に進む可能性もありますよね。。コレといってグラスを得意とし実績を残しているプレーヤーが見当たらん・・

ああ、とにかくRG→ハレの疲れがすっかり抜け切っていますように!またこのタフなドローがRogiのスイッチをしっかりとon!にしますように。。
よつばのクローバー
| GS Wimbledon | 20:13 | - | - | - | - |
やったぁ〜!!!!!!!!ウィンブルドン3連覇!
Awesome Federer Joins the Greats

6-2, 7-6(2), 6-4!!!おめでとう!Roger!
素晴らしい決勝戦パフォーマンスでした。今までの7試合の中で一番いい出来っていうか、私の知る限り今年のベストの一つだったと思います。

昨年はスタートでロディックに遅れをとって苦しい展開だったので、今年は最初から集中してたし尚且つ第一セット中盤からググッとギアを上げてきましたよね。
ロディックは果敢に攻めたけれど、このウィンブルドンを譲るわけにはいかんのというRogiの確固たる気持ちと今までの自信がちょうどうまい具合に混ざり合って今日のパフォーマンスに表れていたように思います。

Rogiがスー・パーカーさんのインタビューで言っていたように今年の前のグランドスラムは二つとも準決勝で惜しくも優勝者に敗れていたからプレッシャーはものすごくあったでしょうに、それを跳ね除けての3連覇達成なのでホントによくやったと言ってあげたい。

優勝が決まった瞬間は喜びをかみ締めながらも今までのプレッシャーから解き放たれて芝の上に仰向けに身体を横たえました。そして起き上がりミルカの方を見て「ホントにやっちゃったよ」っていう表情をしていましたね。そしてうれしさがこみ上げ涙。。
私はこのように素直にしかし嫌味なく喜びを表すRogiが好きなんですよね。ポッ

これからひと時おうちに帰ってそれから夏休みに入るようです。ミルカと海辺でゆ〜っくり過ごして鋭気を養い、また素晴らしいプレーを見せてもらいたいっす!!

第一セット 6-2
123456789101112TB
R. FedererKKKBKB
A, RoddickKK


第二セット 7-6(2)
123456789101112TB
R.FedererKKBKKK7
A, RoddickKBKKKK2


第二セットタイブレーク 7-2
123456789
R. FedererKBBBBKK
A, RoddickBB


第三セット 6-4
123456789101112TB
R.FedererKKKBKK
A, RoddickKKKK


| GS Wimbledon | 01:55 | - | - | - | - |