SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
Day3 OOP -Aussie Open
壁掛時計Day 3: Wednesday, 17 January Schedule of Play

Rogiの2ndRoundビヨークマン戦もRLA第二試合に組まれました。2日目はメチャ暑かったみたいですが明日の天気はどうなんだろ?と思いチェック。ぬ?天気予報サイトThe Weather Underground, Inc.The Weather Channel Interactive, Inc.だと雨マークになってるんですが・・・にわか雨ってことかな?2日目みたい暑くはなりそうにないカンジですが、さてどうでしょうか。

さて、ビヨークマンとは昨年のウィンブルドンSFに続いてのグランドスラムでの対戦になります。二人のH2HはRogiの4-0。Wimbyでは圧勝でしたが、今回はあれほどの独壇場にはならないでしょうね。でもRogiは初戦のような腕白モードなプレーはしてこないと思います。いつぞやだったか、敢えて相手のゲームスタイルで自分も戦ってみる、みたいなことを言っていました。ってことは、ネットプレーを増やすってか?うーむ。。だったらちょっと心配、FHボレーが特に・・・なんつって・・たらーっこういうことはあらかじめ言っておけば大丈夫なのだ!きっと・・

とにかく、いい準備をしてもらって、いいリズムをつかんで波に乗ってもらいたいっす!よつばのクローバー よつばのクローバーよつばのクローバー

p.s.
ところで私、水・金曜日の試合は仕事の都合でLiveScoreもおっかけれそうになりませんしょんぼり。ですから私の分も皆さんRogiの応援よろしく!(asukamuraさん、メールよろしく!)
| GS Aussie Open | 05:09 | - | - | - | - |
1stRoundビデオいろいろ
Rogiの初戦の第三セットファイナルゲーム、インタビュー等のビデオをyoutubeから拾ってきました。試合後の会見ではRogiピンクのTシャツ来てますね。ポッ
しかしインタビューのスクリプト早くアップされないかなぁ、何言ってるかわかんないんで、やはり文字にして欲すぃ・・

テレビジョンMore Rog interviews before the Aus Open
テレビジョン第一セット セットポイント
テレビジョンAus Open 07: 1R Rog v Phau (Final Game)
テレビジョンRoger Federer's press conference after 1R win at the AO 07

昨晩初戦のビデオをチェックした感想です。たぶん私はRogiが勝ったのを知ってるからこのように感じたのかもしれませんが・・
私はRogiの最初の数ゲームを見てなんだか今年初めてのGS初戦の緊張よりも、強気というか、なんだかいつもより腕白モードというか、あのハードなバカ打ち競争に挑んでいるふうだった気がします。

しかしそれにしてもパウのあの思いっきりの良さにはビックリしましたね。Rogiも全くの未知の選手と対戦する時のようではなく、それに思い切って答えていたように思います。ナイキ&ウィルソンとスポンサーも同じで、一緒に練習もしたことがあると言っていたし、対戦したこともあるし、パウがどう挑んでくるか知っていたように思います。知っていたからこそちょっと力が入りすぎたりしたのかな、と。。

で、5-3となったところで、イカンイカンと冷静になっていつもの自分のプレーに戻したというカンジがしました。
アララララ・・・というところもありましたが、きっと体調もテニスの調子もいいんだろうな、と感じました。

次はビヨークマンですね。とにかく、良い準備が出来ますように!よつばのクローバー
| GS Aussie Open | 02:12 | - | - | - | - |
初戦、我慢の勝利!
R.FEDERER def B.PHAU 7-5, 6-0, 6-4
Match time:1h47m

ふ〜、、第一セットどうなるかと思いましたね・・・
こっそり会社のパソからLS見たのがRogi3-2,40-30だったのが、そこからキープされ3-3となり、次のゲーム0-15になってなんかヤな予感がしてLSを隠し仕事して、数分後にチェックしたら3-4とブレイクされてた・・・それでスタッツを見ると、なんとブレイク合戦でRogiサービスゲームを3つもブレイクされてるぅっ!!

もうパウのServing for setの時は仕事手につかずそっちのけでLSを凝視して念力を送っていました。きっとそれが通じたのでしょう( ̄∇ ̄;)、見事ブレイクバック!それから11thはさらりとキープし、なんかこれでかなりホッとして第一セットRogiが取るのを確信したので、仕事に戻りしばらくしてLSをチェックすると第二セット2-0とリードしてて、そこからは今年初めてのベーグル!

第三セット、4thでブレイクアップ、が、5thでadvが2回ほどあったのにブレイクバックを許し流れがパウの方へ・・しかし、Rogiはしっかり自分のサービスをキープし10th、40-0からデュースに持ち込み3度のBPでブレイク、GSM, FEDERER!!7年前のリベンジを果たしました!

さて、プレーはどんなだったのかな・・帰ってビデオチェックが楽しみ!
| GS Aussie Open | 12:55 | - | - | - | - |
Day1 OOP -Aussie Open
初日のOrder of Play(Schedule of Play)が出ました。

壁掛時計Schedule of Play Day 1: Monday, 15 January

Rogiの初戦ファウ(パウ?)戦はRLAの第二試合に組まれました。第一試合は現地時間11時からのスタート。なのでRogiの試合は早ければ日本時間午前10時半くらいにスタートか。
対戦相手のファウをちょっと調べてみた。身長175cmの中国系ドイツ人で右利きシングルバックハンド。昨年アガシを破った一人。2005年AIGではクーベック,スペーディア,カールセン,ジネプリ勝ってベスト4に進出。武器はバックハンド。このBHをAIGで見てファンになった日本人も多いみたい。ラケットはウィルソン。昨年はATPツアー,チャレンジャーの大会とも優勝はなし。今年はチェンナイの大会で2ndRound進出(サントロに敗退)。
ドローの記事にも書きましたが、H2HはRogiの0-1。Rogiが18歳の夏にワシントンの大会で対戦してストレートセットで敗退しています。2004年のUSO以降、Rogiの北米での成績は63勝1敗ですが、若い頃は湿度の高い北米東部の気候に慣れなくてあまりいい成績を残せませんでした。たぶんRogiはその試合を全部じゃないにしろちゃんと覚えているんじゃないでしょうか。しっかとリベンジしてもらいたい。

今日のクーヨン決勝は負けちゃいましたが、皆さんのレポやrf.comのフォーラムを読んでいると、Rogiは彼自身課題を持ってこの試合に臨んでいたようですね。リスクの高いS&Vや攻撃的にネットを取ったプレーをかなり多用していたみたいです。
ロディックにとっては勝ったという事実がうれしい材料になるだろうと思うし、Rogiにとってもよりアグレッシブな戦法やその他を試合で試し、負けはしましたがいい感触を得れたということが何よりのいい材料であったと思います。面白くなってきましたね。たぶんRogiはAOでは状況を判断しもう少し固い戦術を取るだろうと思います。

そしてその初戦、連覇に向けていいリズムを得るためにも素晴らしいスタートを見せてもらいたいっす。
いい準備が出来ますように!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー



| GS Aussie Open | 16:41 | - | - | - | - |
ドロー出ました! -Aussie Open
全豪オープンテニスのドロー出ました!
鉛筆Australian Open 2007 Men's Singles Draw(pdf)

ぬぬぬ・・・またどっちかっつーとタフな方を引きましたね。。。トップハーフの方がGS優勝者・準優勝者が圧倒的に多いし、有望若者衆もトップハーフに多い・・・体の調子がイマイチっぽいナルやデンコやヒューはボトムハーフだし・・・
でも、ま、3回戦にサフィン(26シード)が来なかったから良しとしましょう。(もちろんユーズニー(25シード)もタフな相手だけど・・)

さて、Rogiの初戦はBjorn Phau。初対戦と思いきや、1999年ワシントンの大会の初戦で当たってストレートで敗退していました。。でもその時から7年は経っているから初対戦のようなものですね。かなり前とはいえ対戦しているし年も近いからジュニアの頃から見知っているかもしれませんから、未知の若者と対戦するよりは入りやすいだろうと思いますがどうでしょうか。
2ndRoundはビヨークマン or パティエンス、3rdRoundはユーズニー、4thRoundがジョコ or フェレーロ、QFがバグ or ガスケ or ロブレド、SFがリュビ or サフィン or ロデ、決勝はナダルかブレークかはたまた??

注目の初戦カードは、ブレークvsモヤ、マスーvsジョコ、ちょい注目はナルvs AIGの初戦でRogiといい試合をしたTIPSAREVIC、ナダルvs Wimby2回戦でフルセットを戦ったKENDRICK、添田vsアンチッチといったトコでしょうか・・

とにかくとにかく、Rogiがいい準備・調整が出来、ケガなどなく万全な状態で、初戦を迎えることが出来ますように!!よつばのクローバー
| GS Aussie Open | 12:48 | - | - | - | - |
決勝ビデオハイライツ -AussieOpen
テレビジョン決勝戦ハイライツ&感動のセレモニー

決勝の試合が終わってもう一度ビデオを最初から、そして何度も表彰式を見てその度にもらい泣きしてました。ホントになんて彼はSweetなんでしょうか。。。

"男の子なんだからメソメソするんじゃない!"と子供の頃からきつくそういわれ続けてきた特に日本男児の皆さんは男はどんな時も泣いてはいけない、感情を押し殺すよう訓練してこられたかもしれません。
確かに、最近の若い子に見られるような彼女にふられた時とか、困難を前にしてに泣くのはチョット・・・と思うけど、人生の美しい場面で素直に涙することが出来る男性は女性から見てとても素晴らしい思います。
"I can't block it out, I'm also just human."
すてきですよね。彼のように片意地の張らないナチュラルな感情の表現は、きっとマルコスを応援していた人々の悔しさや残念さをも消し去ったろうと思います。

優勝が決まった瞬間はただ安堵感だけでそれもすぐに過ぎ去り一息ついていたら、セレモニーでステージに上がりロッド・レーバーからトロフィーを受け取り観衆から大きな拍手を受けた瞬間、様々な感情が押し寄せてきたんでしょうね。きっと昨年絶好調でSFまでやってきてマッチポイントまで握りながらサフィンに敗れたことも思い出したかもしれません。今大会の4回戦から決勝に到るまでのの苦しい戦い、そしてもちろん素晴らしいプレーをみせたマルコス、この大会で初めて第一セット先取を許しあわや2setsダウンにもなりそうだった厳しい決勝、負けるかもしれない・・何度かそんな弱気になったり・・

試合前はここ最近なかったようなプレッシャーにひどく苦しんだみたいですね。キプロスの太陽のような明るく人懐っこい笑顔のマルコスはギリシャ系移民が多いメルボルンでメディアにも大々的に取り上げられ大ブレーク、その彼がもし優勝大本命のRogiに勝ったなら大金星で一大センセーションが巻き起こることになる。。
それでなくとも大会初めからディフェンディングチャンピオンのサフィンや癸欧離淵瀬襦▲譽献Д鵐・アガシの欠場、ヒューイットやロディックも早くに敗退しメルボルンを去り、Rogiには益々楽勝ムードが広がり、それでもセットを落とせば、これはどうしたことか!?とニュースになり、もちろんコート上でも記者会見などの場でも1としての振る舞いが求められ・・・
1の宿命かもしれませんが、そんな重苦しいものを背負ってRogiは戦い、己に勝ち、そしてタフな相手にも勝ったのだから本当にこの勝利はRogiにとって大きな財産になるでしょうね。

実際昨年の全米決勝アガシ戦、9/11というN.Yの団結を象徴する日、あのスタジアムの殆どがアガシを後押しする中、第三セットを挽回するのはとても厳しかったそうで、今回RLAでのギリシャ応援軍団を見ても「N.Yの時と比べたら、これぐらいはなんでもないさ」と思うことが出来たそうです。
今回の4回戦・QFの苦しい戦いや厳しい状況下での決勝でどうにか我慢し最終的にトロフィーを掲げることが出来たという事実は、きっとまたいつかRogiの助けになることでしょう。

さて、デ杯に出るかどうかまだ決めてはいないようです。私は彼がベストの決定を下すだろうと思っています。それを待ちましょう。
とにかくゆっくり身体と心を休めて、素晴らしい笑顔と共にまたコートに戻ってきて欲しいっす!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー

カメラAustralian Open - Men's Final
カメラAustralian Open Men's Champion Photocall

1月29日インタビュー
便箋全豪オフィシャルサイト (英文)
便箋全豪オープンテニス2006|WOWOW ONLINE
便箋岩佐 徹のon-air-off-air OFF-MIKE -blog version
| GS Aussie Open | 03:05 | - | - | - | - |
ヤッターッッッ!!!!!!! -AussieOpen
ヤッターッッッ!!!!!!!
ヤッターッッッ!!!!!!!
ヤッターッッッ!!!!!!!

Rogi!! AussieOpen優勝オメデトウ!!

| GS Aussie Open | 20:40 | - | - | - | - |
Day14スケジュール -AussieOpen
壁掛時計Schedule for Day 14: Sunday, 29 January 2006

さあ、決勝戦です!ドキドキ・ワクワク・どきどき・わくわく。。どんな試合展開になるでしょうか?いろんなことが起こりうる要素がありますが、私は明るい方面を信じて昨夜からイメトレしております。
さて、決勝バグダティス戦、彼とのH2HはRogiの3-0。しかしバグダティスはこの大会で彼の中の何かを打ち破りそれによって大きく飛躍をしたようですね。同胞たちの応援もあってか今の彼はノリノリに調子付いているのでとても危険な相手です。負けたって誰も彼を非難する人なんていないし、彼はまだGSはもちろんATPツアーでもタイトルを取っていないので失うものなんてありませんからね。だからこそ恐ろしい相手なんですよね。。
バグダティスはGSの決勝の雰囲気に最初から最後まで飲まれてしまうようなタイプじゃないから、だんだんそれに慣れて来るだろうし、調子に乗るとどんどんタフになっていくので、Rogiには常に高い集中をもって厳しく・しつこく・いやらしくプレーしてその調子が続かぬようにしてもらいたい。
Rogiにとってラッキーであるのは、2004年の全米オープン2ndRound,テレビジョン2005年の全豪オープン4thRound,今年のドーハQFと彼と当ったことがあり、いずれも勝ったということです。もちろん、GSのタフなドローを勝ち上がってきたのだからその時の彼とは同じではないでしょうが、まったくの未知の相手ではないということがRogiをいくらか助けるでしょう。

でも新鋭の若者が相手という決勝戦、タフな試合になることを覚悟しておかねばなりません。しかしRogiは今までのRogiの勝ちパターンから外れたタフな試合を、泥臭くもなりながら勝ち上がってきました。それはこの決勝で勝つ為なんだ!、そう信じてRogiオタみんなで応援しましょう!

とにかくとにかく、Rogiがベストの状態で試合に臨めますように!彼が優勝カップを笑顔で掲げる姿を見ることが出来ますように!

GOOOOOOO GOOOOOOO ROGER!!よつばのクローバーよつばのクローバー


| GS Aussie Open | 22:38 | - | - | - | - |
決勝進出!! -AussieOpen
6-3, 5-7, 6-0, 6-2!!

2時間40分でキーファーを下しGS7度目の決勝進出です!
キーファーのプレースタイルからしてダビデンコ戦よりRogiはリズムに乗りやすいだろうと思っていましたが、その通りになって良かったっす。なんだかRogiはキーファー戦第二セットを落とすのは想定の範囲内で、キーファーが1ALLに持ち込めて少しホッとしたところに、ググッとギアを上げてイッキに勝利をかっさらったというような印象でした。

第一セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererKKBKKK
N.KieferKKK

1stゲーム、やはりキーファーは思い切って攻めてきました。3デュース,1BPとピンチになりましたが、4つのFHのウィナーでここはしっかりキープしました。次の2ndゲームでRogiにも2BPが来ましたが、キーファーのナイスサーブに阻まれこれをとることが出来ませんでした。
そして4th、キーファーのDFや、RogiのBHのグレイトポール回し,ナイスネットプレー,FH・DTLなど素晴らしいプレーが続きこのゲームをブレイクしました。8thでもダブルBPのチャンスが巡ってきましたが、ここはキーファーがナイスサーブと彼のお気に入りショット・ドロップボレーでキープ。そしてRogiのServing for Set、1stポイントはダブルフォルトで与えてしまいますが、その後はいい1stサーブを連続して入れて、SPでのRogiのショットはラッキーコードボールとなりこのセットを取りました。

第二セット 5-7
123456789101112TB
R.FedererKKKKK
N.KieferKKKKKKB

今日私は少し仕事で帰宅が遅くなり、帰宅してTVをつけると第二セットの3rdゲームが終わった後の休憩でした。そこから暫く見てて、キーファーのサービスゲームのリズムがかなり良いなと思いました。しかしRogiの調子も決して悪いわけではなかったので案外安心して観戦できていました。
キープ合戦できてセットの後半、9thでRogiは一つのBPチャンスを掴みますが、キーファーがこれをセーブすると勢いが増してきました。12th、Rogiは最初のポイントで決めるべきBHボレーをネットに引っ掛けてしまいます。なぁ〜んかイヤな予感。。。予感的中、ダブルBPのピンチで一つセーブしますが、次センターから逆クロス気味にラインを狙ったBHのスライスが15cmほど横に流れサイドアウト、5-7でこのセットを取られました。

第三セット 6-0
123456789101112TB
R.FedererBKBKBK
N.Kiefer

第二セットを奪われベンチに戻りRogiが一番にしたことは、額のバンダナを結び直すことでした。今から思えばそれが怒涛の第三セットの合図だったのかも。1stゲーム、キーファーはちゃんと210km/hを超えるいい1stサービスを入れたのですが、それをRogiは素晴らしい2つのリターンとBH・DTLでトリプルBPのチャンス。キーファーは2つはセーブしましたが3つ目はそれが出来ず、Rogi初っ端で1ブレイクup。そして次の自分のサービスゲームはラブゲームでキープし2-0。この2ndゲームを取った4ポイント目は、さっき第二セット12thでサイドアウトしたスライスのDTLというニクイことをして、益々Rogiノリそうな予感。。。予感的中、キーファーはRogiがギアを上げてきているのを知ってプレッシャーを感じたのか次エラーが増えだし、Rogiは30-30などの大事なポイントでウィナーを放つなどしてアッという間に5-0!しかしServing for SetでDFから入りBPのピンチ!しかし、ラッキージャッジにも助けられ、RogiのパスBH・DTLもあってこれをセーブしこのセットを取りました。ここでブレイクされては第三セットを取ったとしても次の第四セット流れがキーファーに行く可能性があったと思うのでこのキープは大きかったと思います。

第四セット 6-2
123456789101112TB
R.FedererKBKBKK
N.KieferKK

このセットもRogiはリラックス&集中の良い状態をキープしていました。1stゲームはキーファーにキープを許しますが、後は連続5ゲーム連取。7thでもキーファーのエラーでダブルMPが来ますがこれは奪えず、5-1、Serving for Match。ここでまた1stポイントをFHがサイドアウトしキーファーに与えてしまいます。しかしその後しっかりサービスエースとナイスサーブを入れトリプルMP。一つはキーファー、ドロップボレーでセーブ。しかし次いい1stサーブを入れ、キーファー、リターンネット,GSM FEDERER!! "次"に向けていい勝ち上がりが出来ました!

とにかくとにかく、次の決勝バグダティス戦に備え、この一日の休みをうまく使って良い休息と、いい準備をしてもらいたいっす!きっとRogiはそうしてくれるでしょう。よつばのクローバーよつばのクローバー
| GS Aussie Open | 08:08 | - | - | - | - |
Day12スケジュール -AussieOpen
壁掛時計Schedule for Day 12: Friday, 27 January 2006

いよいよ準決勝ですね。MTFでネガティブな投稿が目につきますね。でも昨年は初戦からQFまで1セットも落とさず絶好調でSFまでやってきて、素晴らしい試合を見せてはくれましたが結果は皆さんご存知の通りです。明るい方面を見ようじゃありませんか!
鮮やかに勝つRogiの方が私たちの心臓には優しいけれど、タフマッチを戦うRogiからは、いつもはそのポーカーフェイスに隠れて見えないものがチラホラと垣間見え、それがとってもSEXYでぞくぞくさせられるんですよね。。。

さてさてキーファー戦、H2HはRogiの7-3。しかし皆さん知ってる通り、ここのところホントに厳しい試合でどうにか凌ぎ勝っています。
キーファーは最初っから飛ばしてきそうですよね。またブレイク合戦になるかも。。どうであってもしっかり自分のプレーに集中して試合の主導権を握ってもらいたい。そして次の為にもいいプレーで勝ち上がって欲しい!

GOOOOOOO GOOOOOOO ROGER!!よつばのクローバーよつばのクローバー
| GS Aussie Open | 01:58 | - | - | - | - |