SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
TO BE NICE
pete-samprasさんの記事「涙、涙、涙、そして涙。」を読んで。

オタじゃない人から見ると「泣きすぎじゃないかしらん?」と思われるのもわからないでもないけれど、Rogiオタの私としましては、彼が涙したのはよくわかります。ウィンブルドンでは条件反射のようなものかも・・なんつて・・

彼は試合中見せるポーカーフェイスとは裏腹にすご〜〜〜〜く素直で感性豊かな青年です。決勝戦後のインタビュー(さっちさんのブログ新・…Just One More Thingをご覧下さい)、第三セット7thゲームでブレイクした後自分が勝利に近いことを知って「もしかしてあと自分のサービスゲーム8ポイントで!?」とあわてたり、浮き足立ちそうな自分を抑えようとしたり、表情には出しませんが内ではいろんな感情が交差していたようです。

ウィンブルドンはRogiにとって特別な大会でいつも涙がありました。1989年(Rogi7歳)ベッカーvsエドバーグの決勝でベッカーが負けてTVの前で泣いたそうだし、1999年ウィンブルドン本戦デビューでも初戦ノバクに対し3-6 6-3 6-4 3-6 4-6フルセットでの敗退(おそらく泣いたでしょう)2000年もカフェルニコフに対し5-7 5-7 6-7(6)と土壇場で取られての敗退(たぶんここでも泣いてるハズ)、2001年でもサンプラスに勝って涙してたし(泣きたいのは俺の方だよbyピート)、その後のヘンマン戦5-7 6-7(6) 6-2 6-7(6)敗退でもおそらく泣いたでしょう。2002年のアンチッチに対する初戦敗退も期待が大きかっただけに絶対泣いたハズだし、2003年以降はご存知の通りです。つまりほぼ毎年泣いてるってことに。。。
本人もウィンブルドンではよく泣いたからここに戻ると少しセンチメンタルな気持ちになるとトーナメントが始まる前に言っていました。まぁそれくらいこのウィンブルドンは彼にとって超特別なトーナメントなんだと思います。

それに今回は3連覇という自分の夢だけでなくコーチになってくれたトニー・ローチの為にもここは絶対勝ちたかったんだろうと思います。
コーチなしで成し遂げた2004年のRogiの成績を考えると今年Rogiのコーチになるのは勇気と覚悟が必要なことだったと思います。ローチはコーチとしてのグランドスラムのタイトルをいくつも持っていたし、高齢で慢性の腰の痛みも抱えていて、なにもわざわざRogiのコーチになる必要はありませんでした。実際最初は断っていましたし。
パートタイムコーチと言っても去年3つのGSを取った癸吋廛譟璽筺爾GS3回連続でベスト4以上に進みながら勝てなかったとすれば、特にウィンブルドンシングルスタイトルはローチが選手としてもコーチとしても手にすることが出来なかったということもあって人々の矛先がローチに向かうことも考えられましたし。。このチャンピオンズ・ディナーで一緒に優勝カップを持つトニーとRogiの写真、本当にうれしそうでしょ?


私がRogiを好きなのはそういうシンプルでナチュラルでバランスが良いところかな。彼は孤高で排他的なチャンピオンにはなりたがっていません。気軽に他のプレーヤー達と言葉を交わし、スポンサーやトーナメントチェアマン達からの評判もよく、メディアの人たちにも親切です。私たちファンの為にもマメにニュース・レターやコメントを彼のHP上に載せて感じたことや考えを共有しようとしてくれます。

これは確かに地味なことかもしれません。目先の人気に必要な派手さはRogiのキャラにはないのは確かです。。彼にはオフコートでのバトルもないし、彼の両親もいたってフツーの良識のある地に足のついた人たちだし、ガールフレンドもハリウッド女優やスキャンダラスなモデルでもありません。でもそれもRogiの良さだと思うんですよね。私はRogiがミルカのようなすばらしい女性を好きになって長年お互い忠実を保ち尊重し支え合っているということも素敵なことだと思います。

ナイスであることってプロスポーツの世界でそんな簡単なことじゃないと思うんですよね。特にトップのプレーヤーは競争も激しいし、人々の目も厳しくなるし、メディアは部数や視聴率を上げるためにいろいろいってくるだろうし・・・
私はもちろん試合やトーナメントを勝って強いRogiでい続けて欲しいですが、彼の良さ・ナイスさを今のまま失って欲しくないと思います。

私は改めてRogiが昔から言ってる彼のモットーをここに書こうと思います。
"It's nice to be important, but it's more important to be nice"グッド
| onmのつぶやき | 15:23 | - | - | - | - |