SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
初心(私がRogiを見初めたツボ)を忘るべからず!
Rogiの公式HP rogerfederer.comのトピ、INDIAN WELLS 2008 - PACIFIC LIFE OPEN の208ページ〜にKirstさんがレポートとたくさんの写真をアップされていますが、皆さんはそれを読まれましたでしょうか?

最近のRogiの成績や単核症という病気にかかったことなどから、メディア報道や一部のスポーツファンから「終わりの始まり説」とかはたまた「引退説」とかなどがささやかれて、私もそれに心を痛めていたのですが、先日Kristさんのレポートを読んで、Rogiは今までと変わらないリラックスした様子で練習やファンと触れ合ってそれを楽しんでいる風なのを知って、安心したのと同時に私は何をやきもきしていたんだろう?と憑き物が落ちたような感覚を得ました。

私がRogiを好きになったのは、'03年WimbyのSFと決勝戦とセレモニーを見て、鮮やかなセンセーショナルなプレーとは反対に彼自身は控え目でしかし率直、でもプレーと同じくとても自然体で無理がなく、試合中のクールな外観とは異なりとても情緒豊かで、美しく愛らしいパーソナリティを持った人だと知ったからです。
("知った"だなんて、TVでただ2度彼の試合を見ただけで何を・・と思う人もいるかもしれませんが、でもそう表現するのがしっくりするんですよね・・・)

そりゃ人間だからイラ立つことも落ち込む時もあるでしょうが、あれからRogiは基本的に何にも変わっていません。病気というアンラッキーにぶち当たっても私が見初めたRogiの良さは失われていません。
もちろんRogiが試合に勝ちトーナメントで優勝するのを見るのが好きでしょう。その日はそう遠くない日に来て欲しいと彼の為に願いますが、Rogiはツアーに戻ってセンターコートで観客の前でプレーすることが自分は本当に好きなんだと再確認したとそうで、練習の前後にファンとちょっとした会話を楽しんだり、さりげないことだけどそんな前向きな彼の様子を知って、私も前向きに応援していこう、と思ったのでありました。

春は来るし桜明けない夜はないっていうしね。日の出


続きを読む >>
| onmのつぶやき | 07:48 | - | - | - | - |
フェデラーの過去5年をカレンダーでみる
200420052006
20072008

こちらに良く来て頂いているRogiオタの皆さんは、すでに2008年カレンダーを手にされていると思います。(まだの方、こちらで買えます。)
いかがです?益々Rogi、かっこよくなっていますよね。12月のなんてよだれもんです。。

さて、私の部屋には5つカレンダーがかかっております。そう、2004年のからずっと外さずかかっているわけです。ただの無精者だからとも言いますがたらーっそのカレンダーを写真に撮ってブログの記事にしようかと話をMarieさんとfuyuさんに先日したら、持っていないカレンダーがあるから是非とのご要望もあったので、Rogiのニュースも少ない今記事にしてみました。
(Rogiはドバイでトレーニングを始めるようですね)
2004年のカレンダーはまだRogiが1でもなく、GS優勝もしていない頃のむさくるしい(ムニョムニョ)写真なんかもあり、テニス・スターとして段々と洗練されていくのが見て取れます。しかし、人懐こい笑顔は変わらず、それどころかますます若くピュアになっていってるようにも感じます。ポッ
ウィンブルドン初優勝した頃の少し野暮ったさもある風貌、私はそれはそれで好きだったけれど、やっぱし髪は切って大正解ですよね。

どうぞ、お楽しみあれ!
Roger Federer Calendar 2004-2008





| onmのつぶやき | 01:55 | - | - | - | - |
フェデラーvsサンプラスinマカオ観戦日記
すいません。。土日はTalk AsiaとTMCのビデオ三昧でぐ〜たらしてしまい、パソコンを立ち上げることなく過ぎてしまいました。

さて、続き・・・

12時を少し過ぎ、アリーナの扉が開きました。
入り口にはセキュリティゲートがあり、バッグの中をチェック・・・するとカメラがどうのこうの・・・と言っているようで止められてしまいました。アリーナ入り口にイベントによってはカメラ持ち込み禁止という案内が書いてあったのですが、テニスやスポーツイベントでカメラ持ち込み禁止など聞いたことないから、きっと大丈夫だろうと思っていたので、またまたゲゲッ!
しかし、30秒ほど止められただけでOK入ってよしと言われ、ホッと安心して中へ。しかし、最初からちゃんとガードマンたちに徹底してくれよなぁ・・びっくりしたじゃん・・・ぶー

プログラムが売り切れたらいやだったのですぐにプログラムを購入。試合開始まで時間があるので、トロトロとエスカレーターで3階まで上り私たちの席があるエリアの入り口まで行ってコートの眺めはどうかしらん?とコートに目をやると!!!そこにはRogiが練習しているではないかっ!!びっくり

「ギャッ!Rogiが練習してるっ!」私たちはすぐさまエスカレータを1階まで駆け下りコートサイドに走って行きました。すでに数人の人たちがコートサイドにいて写真を撮っていました。
私も慌ててバッグからカメラを取り出し念願のRogiを激写!!ううう!高いカメラを買った甲斐があったってもんだ!こんなに近くでRogiを写せるとは!!
練習の相手はサンプラスでしたがそっちには見向きもせず(ゴメンなさい、ピートさん)有頂天になってRogiしか目にはいらない状態でバシャバシャとシャッターを切る私と人間三脚のごとく微動だにせずビデオをとるMarieさん。。
すでにサービスの練習に入っていたので(Rogiはリターンを受けていたよう)、その練習がもうすぐ終わるとわかっていたので必死でした。ファインダーをのぞきながら、あ、Rogiが笑ってるかわいいラブラブ、おっ、なんかわかんないけど(ファインダーをのぞいてるので全体がわかんない)、ガッツポーズしてる、かわいい〜ラブラブなどと思ってるとRogiが先に練習を終えてベンチの方へ引き上げていきました。
おっ、ズボンを穿くRogiを激写、、などどのんきに思って、しかし次の瞬間ハッとしました。
私たちがRogiを撮っていたコートサイドは選手入退場の向かい側で、つまりコートを去っていくRogiの近くには寄れないのでしたっ!!冷や汗
「しまったぁぁぁぁ〜〜〜〜」しかし、時すでに遅し・・・
向こう側でサインを貰ってるファンたちを指をくわえ眺めてるだけでした〜〜悲しい悲しい

みなさん、これからもしRogiの試合を見に行ってサインを貰おうとするならば、写真を撮ることよりもサインをGetするにはどこでスタンばるのがBESTかをまず念頭におきましょう。でないと私のように地団駄を踏んでしまうことになりますヨ!
私は思いもよらずRogiの練習姿を見て有頂天になり過ぎてしまった・・・油性の名前ペンもちゃんと用意してきたのに・・・ポロリ

チャンスがあったのに、と考えれば悔しいですが、でもあんなに近くでニコニコRogiが見れたのですから、ま、ヨシとしましょう!
練習が終わって改めて自分たちの席について、Marieさんと二人でカメラとビデオを見せっこして楽しみましたし。楽しい

さて、お互いの収穫の見せっこも終わり、1:15になったのか前座の歌手(遠目でもそれがオッチャンだとわかりました)が登場。まだまばらの観客を盛り上げようと一生懸命なので、Marieさんと一緒に「Yeah!」とか「オイオイオイオイ!」となどと言って参加。マカオ/香港の人々は陽気で関西人とノリが似てるようですね。
時間が迫ってきているのにまだコートサイドの席が埋まっていないのと、そのエリアの入り口にチケットをチェックする係員がいないのを見て、もしかしてコッソリ下に下りて見れるかも?と期待していましたが、2時になるとけっこう席は埋まっていました。

ライトが消えて、スクリーンには2001年Wimby4回戦の対戦のビデオが流れ、初々しい19歳のRogiが歓喜で倒れこむシーンが映し出されました。そしてそれが終わると、まず、サンプラスから登場、そして次にRogiの登場!
キャー、、ROGER!!!

続きを読む >>
| Davis Cup, Exhibition | 01:38 | - | - | - | - |
フェデラーvsサンプラスinマカオ観戦日記
試合前日の23日、19時頃ようやくホテルに着いてチェックインし、休む間もなく正規のチケットを受け取りにヴェネチアンに直行。アリーナのカウンターでチケットを受け取りしばらくアリーナの前でウロウロ。
すると、首からRogiとサンプラスの写真が入ったエキシビのIDカードをぶら下げた、しかし係員でもない人たちやカメラマンがソワソワ慌ててガードマンのチェックを受けアリーナの中に入っていくではありませんか!これは絶対中で何かある!と思いました。
で、Marieさんがカウンターの人と別の係員らしき人にサイン会とか何かそういうイベントはないのか?とたずねてくれたのですが、招待客とのイベントがあるようだが、一般客とのイベントはあるかどうか知らない、わからない、ということでした。
IDカードを首からぶら下げてアリーナに入っていった人々は、おそらくその招待客で、VIP席に座ることが出来るスポンサーや、ヴェネチアン宿泊付・食事付のVIPチケットもあったのでそのチケットを購入した人たちだったよう。昨年AIGではチケットを持っている人みんながRogiの練習を見れましたよね、今年だって500円でしたっけ?そんな小額でそういうチャンスがあったわけですが、特別行政区とはいえ、共産主義の中国でこの格差・・やっぱし持つ者勝ち組中国マネーの強さを感じた一瞬でありました。。。

中にRogi達がいるのはほとんど確実だと思われたのですが、そういうわけで私たちは23日はまったくその姿を見ることは出来ませんでした。
アリーナ自体がホテルの中にあって、おそらく出演者はホテルから直通通路などを抜けて一般宿泊客・観客の目にふれることなくアリーナに出入りできるようになっていると思われました。というわけで出待ちをすることも出来ず、私とMarieさんはホテルのフロントホールに掲げてあったRogiのポスターと一緒に写真を撮り、ヴェネチアンをすこしウロウロし(カジノの広さには度肝を抜かれましたが、ルールがいまひとつわからない+私はギャンブルに向かない性分なので素通りでした)、おなかが空いたので食事をしてそれからホテルに11時過ぎに戻りました。

しかし、日本に戻ってrf.comに貼ってあった↓の写真を見て私とMarieさんは地団駄を踏みました。。
:カメラ:プロモート・フォト・セッション
:カメラ:プロモート・フォト・セッション
:カメラ:プロモート・フォト・セッション
:カメラ:プロモート・フォト・セッション

ゲッ!ここは24日試合が終わってウロチョロしてた5階のショッピング・モールではないかっ!写真に書かれてる日にちは23日!時間はわかりませんが、この日Rogi達もクアラルン・プールから移動してきているからそんなに早い時間ではないだろうと思われます。うう、、ニアミス、、ぐやじぃ・・

さて、昨夜そんなことがあったことは知らず、Marieさんと私は張り切って朝11時前(?)にはアリーナの前に着き、何時会場かMarieさんが尋ねてくれて、12時会場で1:15から前座の歌公演があるということだったので、しばらくソファに座って二人で雑談をして待ったのでした。

そこはアリーナから少し離れた展示会などに使われる大広間がたくさんある一角だったのですが、私たちが座るソファから見えるところにエスカレーターがあり、そこの前にガードマンが立っていてIDカードがない一般客が乗ろうとするのを止めていました。VIP客はランチ付なので、上の広間のどこかで食事があるのだろう、くらいにその時は思っていましたが、また帰国して知ったのですが、24日の試合前にチャリティ・イベント(↓写真参照)があったようでそれがどうもそこであったようなのでした!
:カメラ:チャリティ・イベント
:カメラ:チャリティ・イベント
:カメラ:チャリティ・イベント
:カメラ:チャリティ・イベント
:カメラ:チャリティ/イベント
:カメラ:チャリティ・イベント

私たちがのんきにスナック菓子を食べながら雑談をしていた階上でそんなことがあったとはつゆ知らず、会場時間が近づいたのでアリーナ前に行きました。MarieさんがあらかじめWebでアリーナの見取り図をチェックしてくれていたので、われわれの席に近い入り口一番に並び会場を待ちました。
後から思うとこのおかげでRogiの練習を間近で見ることが出来たので、まったくMarieさんには感謝感謝でございます。私の英語力では何時に会場されるか聞くことが出来なかったでしょうから。。

さて、その続きはまた後ほど。。

| Davis Cup, Exhibition | 06:58 | - | - | - | - |
マカオから
負けちゃいますた…(=_=)
少しお疲れだったかも。パスミスが結構ありましたし。まぁ、金曜からプレーに移動に会見にずっと休みなしでしたからね。それとサンプラスのサービスとフォアが良かったし仕方ないっすね。
とにかくRogiには1年間ありがとう、お疲れ様と言いたいっす。

座席ですが思ってたより近かったです。早めに並んだので練習もコートサイドで見れたし。(^-^)v
帰国したら写真アップします。お楽しみに。

onm

| - | 17:20 | - | - | - | - |
終わり良ければすべて良し!
おめでとう!ROGER!!!!
Roger holds his trophy

例年と比べRogiのプレーに不安定さがチラホラ見受けられ、若手プレーヤーの活躍、そして差が縮まってきたと人々からささやかれてた2007年シーズン、その2007年を締めくくる試合で、今シーズン最高の素晴らしいプレーを見せつけて堂々と優勝トロフィーを手中に収めてしまうとは、、、まさに世界をめぐるバナーの「シーッ!!天才の御業を見よ!」そのままのプレーでした。
まったく、Rogiという人はファンの望みの上をゆくプレーを見せてくれちゃうんですから、改めてRoger Federerの凄さを感じた大会でした。
ゴンに負けたことがかえってRogiのスイッチを完全にonにしたのかも・・・そう思わせる程、RR1敗退からの見事な優勝でした。

Return of the King
王の帰還

振り返ってみれば今年の成績は69勝9敗、出場16大会のうち8大会の優勝(うちGS3勝、TMC1勝、TMS2勝)、準優勝4回、押さえどころはきっちり押さえた1年で、連続1記録も新記録更新中、Wimby5連覇、USO4連覇、TMC2連覇、素晴らしい1年だったと思います。

今週は帰りのお駄賃(?)にアジアでサンプラスとのエキシビをこなしてその後バケーションに入るようですが、夢のマッチを楽しんでもらいたいと思います。
私はマカオでのエキシビ最終戦を見に行きます。真剣勝負のようなハラハラどきどきはないですが、ヘタレの私にはちょうどいいかも。。
↓のようなかわゆいニッコニコなRogerを見て楽しんできます。
from Markさん rf.com
| Tennis Masters Cup | 00:59 | - | - | - | - |
Rogi、アーサー王に!
バーゼルで今年7つ目の優勝トロフィー手中にし、2007年のATPレース年度末1を確定し、これで4年連続の年度末1となったRogi。そんなまさに"王者フェデラー"にぴったんコな写真が!

Roger Federer as King Arthur

↑クリックすると拡大されます。↑


これはディズニーのキャンペーン、Disney Dream Portrait Seriesの第二弾として、撮られたもよう。Rogiの他に、レイチェル・ワイズの白雪姫、ジュリー・アンドリュースのピノキオの青い妖精などもあるそうな。スライド・ショー
第一弾は眠りの森の美女の王子に扮するデビッド・ベッカムやスカーレット・ヨハンソンのシンデレラなどが。

他にも↓にてビデオや写真あり。ううう、、かっこえ〜〜
http://www.usatoday.com/life/people/2007-10-30-disney-photos_N.htm
http://www.towleroad.com/2007/10/roger-federer-t.html
| Rogiニュース&記事 | 00:00 | - | - | - | - |
4連覇!&一冊丸ごとロジャー本
4連覇おめでとう!Roger!!!!

決勝戦が始まる前はプレッシャーで胃痛や手先が冷えるといった症状があったみたいですね。そういうことを聞くとホントなんかプロスポーツの過酷さを感じます。望んで飛び込んだ世界とはいえ、多くの人の目にされされ、常に厳しい競争の中にあるんですからね。好きじゃないとやっていけないだろうし、好きだけなかなか大変だろうと想像します。ミルカのような存在が本当に助けになるんだろうなぁ。私たちファンもそういうRogiの助けに少しでもなれれば、と思います。
私たちファンへのご褒美はRogiのかわゆい笑顔ですよね!



カメラmore pix

さてさて、ちーこさんから頂いた情報です。
螢戞璽好棔璽襯泪ジン社から9月19日に「ロジャー・フェデラー・パーフェクトBOOK」という本が出るらしい。どんな内容なのかな?ま、内容はどんなでもきっと買うと思うけど。。でもプレーしない私でも楽しめる内容だとうれしいナ。Amazonを検索してみたらまだなかった。とりあえず書店で予約しちゃおう!
| GS US Open | 00:30 | - | - | - | - |
50タイトル!!!!!!!!!!×5



私が最初に見たRogiの優勝は、2003年ウィンブルドン、彼の9つ目のタイトルでした。いい機会ですから一番最初から50勝目まで書き出してみよう。。

#1 Milan, Italy, I, Carpet, 2001年2月(19歳)
※エントリー47大会目(チャレンジャー除く,五輪含む),決勝進出3回目
#2 Sydney, Australia, O, Hard, 2002年1月(20歳)
#3 Hamburg TMS, Germany, O, Clay, 2002年5月(20歳)
※AMSエントリー22大会目
#4 Vienna, Austria, I, Hard, 2002年10月(21歳)
#5 Marseille, France, I, Hard, 2003年2月(21歳)
#6 Dubai, U.A.E., O, Hard, 2003年3月(21歳)
#7 Munich, Germany, O, Clay, 2003年5月(21歳)
#8 Halle, Germany, O, Grass, 2003年6月(21歳)
#9 Wimbledon, England, O, Grass, 2003年7月(21歳)
※GSエントリー17大会目
#10 Vienna, Austria, I, Hard, 2003年10月(22歳)
#11 Tennis Masters Cup, Houston, TX, USA, O, Hard, 2003年11月(22歳)
#12 Australian Open, Australia, O, Hard, 2004年2月(22歳)
#13 Dubai, U.A.E., O, Hard, 2004年3月(22歳)
#14 Indian Wells AMS, California, USA, O, Hard, 2004年3月(22歳)
#15 Hamburg AMS, Germany, O, Clay, 2004年5月(22歳)
#16 Halle, Germany, O, Grass, 2004年6月(22歳)
#17 Wimbledon, England, O, Grass, 2004年7月(22歳)
#18 Gstaad, Switzerland, O, Clay, 2004年7月(22歳)
#19 Canada AMS, Toronto, Canada, O, Hard, 2004年8月(22歳)
#20 US Open, NY, U.S.A., O, Hard, 2004年9月(23歳)
#21 Bangkok, Thailand, I, Hard, 2004年10月(23歳)
#22 Tennis Masters Cup, Houston, TX, USA, O, Hard, 2004年11月(23歳)
#23 Doha, Qatar, O, Hard, 2005年1月(23歳)
#24 Rotterdam, The Netherlands, I, Hard, 2005年2月(23歳)
#25 Dubai, U.A.E., O, Hard, 2004年2月(23歳)
#26 Indian Wells AMS, California, USA, O, Hard, 2005年3月(23歳)
#27 ATP Masters Series Miami, FL, U.S.A., O, Hard, 2005年4月(23歳)
#28 Hamburg AMS, Germany, O, Clay, 2005年5月(23歳)
#29 Halle, Germany, O, Grass, 2005年6月(23歳)
#30 Wimbledon, England, O, Grass, 2005年7月(23歳)
#31 ATP Masters Series Cincinnati, Ohio, USA, O, Hard, 2005年8月(24歳)
#32 US Open, NY, U.S.A., O, Hard, 2005年9月(24歳)
#33 Bangkok, Thailand, I, Hard, 2005年10月(24歳)
#34 Doha, Qatar, O, Hard, 2006年1月(24歳)
#35 Australian Open, Australia, O, Hard, 2006年2月(24歳)
#36 Indian Wells AMS, California, USA, O, Hard, 2006年3月(24歳)
#37 ATP Masters Series Miami, FL, U.S.A., O, Hard, 2006年4月(24歳)
#38 Halle, Germany, O, Grass, 2006年6月(24歳)
#39 Wimbledon, England, O, Grass, 2006年7月(24歳)
#40 Canada AMS, Toronto, Canada, O, Hard, 2005年8月(25歳)
#41 US Open, NY, U.S.A., O, Hard, 2006年9月(25歳)
#42 Tokyo, Japan, O, Hard, 2006年10月(25歳)
#43 ATP Masters Series Madrid, Spain, I, Hard, 2006年10月(25歳)
#44 Basel, Switzerland, I, Carpet, 2006年10月(25歳)
#45 Tennis Masters Cup, China, I, Hard, 206年11月(25歳)
#46 Australian Open, Australia, O, Hard, 2007年2月(25歳)
#47 Dubai, U.A.E., O, Hard, 2007年2月(25歳)
#48 Hamburg AMS, Germany, O, Clay, 2007年5月(25歳)
#49 Wimbledon, England, O, Grass, 2007年7月(25歳)
#50 ATP Masters Series Cincinnati, Ohio, USA, O, Hard, 2006年8月(26歳)
To be continued!

続きを読む >>
| AMS Cincinnati | 07:27 | - | - | - | - |
5連覇達成!!!!! -Wimbledon
The 2007 Men's Champion
Roger kisses to the Champions Cup at 5 times in a row!!!!!


Congratulations Roger, for the Fifth Straight Wimbledon title and 11th GS title!

決勝戦が始まる前、フォーラムの方にも書きましたが、不思議とすごく落ち着いていられました。昨年は本当にすごくナーバスになって、いても立ってもいられなかったんですが、そして試合はきっとタフなものになるとは知っていたけれど、それでもRogiが勝つ!というカンジがありました。
そのような予感はありましたが、Rogiが勝った瞬間は本当に泣けてきました。

予想していた通り、試合は本当本当にタフなものでした。第一セット序盤以外はラファの方が押せ押せで、2sets upしたとは言っても、Rogiが取ったセットはタイブレイクで、なかなかラファのサービスゲームでプレッシャーをかけることが出来ず、第四セットではなんと2ブレイクダウン・・・
私は絶対Rogiが勝つ!と思っていたけれど、やっぱり落ち着かなくって、カッカと熱くなって、シャワーを浴びに行って頭を冷やした程でした。

で、ファイナルセット、ここまできたらじたばたしたって始まらない、と思い、消音にしていた音量を戻しTVの前に座り、絶対チャンスは来る!絶対来る!そしてRogiはそれをきっとモノにする!Rogiがカムバックするのを見届けるんだ!と自分に言い聞かせました。

しかし、3rdゲームと5thゲームで15-40になった時は落ち着いて座ってはいられませんでした。プレーヤーがよくするように脚を動かしたり飛び跳ねたり(階下の人ごめんね)して、臨戦態勢の構え。(←ほんとイタい・・・)でも、本当にこのピンチをよくセーブしてくれました!やはり、芝でのRogiの確固たる自信、それが垣間見れた2ゲームだったと思います。

で、6thはその臨戦態勢のままで応援。Rogiの集中力、ホントこのゲームと次の7thのサービスゲーム、そして8thでの粘りと積極性は素晴らしかった!一度ブレイク出来ればきっとRogiはFederer Expressになる!と信じていましたが、Rogiはまさしく私やファンの願いをその通り聞き届けてくれたカンジでした。

今回の勝利はとてもRogiにとって大きなものだったのは5連覇を達成したというだけではないと思います。と、いうのも今年の全仏でのセレモニーでRogiは悔しさを噛締めていました。なんともいえない表情をしていました。かなりガッカリしていたように見えました。
ここでもし、このウィンブルドンのタイトルをラファに奪われたら、ダメージは大きかったろうと思います。5連覇のプレッシャーと共に、そういったプレッシャーもあったと思います。

ラファは確かに攻撃的になっていて、コートも例年より固くて球足も遅く、ラファに大きなチャンスがあったと思います。実際ラファの方がサービスブレイクの数ではRogiをうわまっていたし、ファイナルでは先にチャンスが4度もありました。きっとラファはガッカリしただろうけれど、Rogiだってそれを味わされてきてるんだから、まったく同情はしてません!(笑)

それら幾重ともいえるプレッシャーをRogiは振りほどいて、見事5回連続5度目のチャレンジ・カップを手にした、本当にこれは素晴らしいと思います。
再度言わせてください!

Roger、本当にウィンブルドン5連覇オメデトウ!そして素晴らしいプレーとファイトそして信念を見せてくれてありがとう!
ミルカと一緒の楽しいバケーションでゆっくりと身体と心を休めて、また元気な姿でコートに戻ってきてね!
| GS Wimbledon | 05:48 | - | - | - | - |