SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
<< RogiオタWorld Forumsを立ち上げました | main | Rogiオタ ワールド!Fourms ケータイから閲覧出来ます。 >>
二人三脚 with ミルカ、愛の力でラファを撃退
Roger celebrates winning the Final Match against Rafael

この写真のRogiの表情、どれだけこの試合を勝ちたかったが表れていますね。2007年マスターシリーズ優勝#1おめでとう、Roger。

そして、ラファも負けはしましたが、おめでとうといいたい。クレーコート81連勝、本当にスゴすぎです。ローマ大会からの連戦疲れや、連勝記録からの精神的な圧力もあったでしょうに決勝まで来ちゃうんですから。。

ラファにRogiの持つハードコート最長連勝記録を56で止められたので、ラファの記録を破るのはRogiであればいいなぁ、と思っていました。しかしラファのココ最近のクレーでの試合を見てて、いつもその信じられない守りと精神面のタフさに最近は思わず「ホンマすごいわ、このコ・・・」と笑っちゃうしかない程の強さやなーと。
クレーではどうも安定感が薄れるRogiのプレーを考えると、いったいどうなっちゃうんだろう、と不安もよぎりましたが、私自身は日曜の朝から調子もよく、目覚ましなしで目が覚め、いつもなら体の重たい掃除もなぜか今日は軽やか。きっと、昨夜の決勝では結果よりもどれだけRogiがRogiらしくプレーが出来るか、恐らくRogiはミスも出るだろう、ウィナー級のショットをラファは拾ってポイントを取ってくるだろう、それでも、ローチコーチと別れ、ミルカとの二人三脚に戻ったRogiが悪いプレーはしないだろう、という気がしたのです、結果はどうであれ、精神的に安定したプレーが出来るか、そこを私は注目しようと思っていました。

第一セット、3rdと5thを連続してブレイクされ、Rogiはそんな状況を−ラファのすごい守りとそこからの一発逆転ショット、そしてRogi自らのエラー、全部受け入れているように私には見えました。受け入れた上で前向きに試合に集中し精神的にブレていないのがRogiの雰囲気で分かったので、第一セット2-6で取られても、私の印象は「ヨシ、Rogi、悪くないゾ」でした。

しかし、相手はクレーで81連勝中のラファ、"悪くない"で勝てる相手じゃありません。でも、昨日のRogiから出るオーラからは、今年のIWやマイアミでのカニャス戦、モンテカルロのナダル戦、ローマでのボランドリ戦の時のようなフワフワ心許ないものは感じられませんでした。そしてウィナーが増え逆にUEsは減り、第三セットはラファが本調子でなかったのかも知れませんが、ベーグルをとっての勝利!(しかし相手はラファ、GSM FEDERERとコールされるまで本当に気が気ではありませんでしたが・・)

ローマで3rdRoundで敗戦し、その後ローチさんとのコーチ契約を解消しましたが、今まであった迷いみたいなものが、それによってまさにふっ切れたというカンジでしたね。Rogiのファンは概ね賛成Rogiのこの決断を後押ししていましたが、他からRG直前にしてコーチ解任とは?!と疑問視する意見もありました。
でも、Rogiは自分の経験と五感を信じそして客観的に自分を見る訓練を2004年にやってきました。それってカンタンなことじゃありません。しかしRogiは結果もしっかり出してきました。Rogiの1でのキャリアはコーチなしから始まり、また当時もミルカと二人三脚でやってきたわけで、そのことを思い出し、その頃の気持ちを思い出し、それが現在のRogiに良い影響を与えたように思います。


試合が終わってセレモニーの準備の間、Rogiはミルカの元に駈け寄り、祝福のキスをこの通り受けるのですが、Rogiの表情ホントうれしそうですよね。初恋中の少年のような笑顔・・・またコレでファンを増やしたであろうなぁ。。

第三セット、Rogi5-0ラファのサーブ、30-40、Rogiマッチポイント、ラファが放ったFHがネットにひっかかり、勝利を収めた瞬間、Rogiは天を仰ぎ勝利の雄叫びを上げました。写真はその気を放った後ミルカに目をやった瞬間のものです。(カメラマンさん、good job!)
Rogi側のウィナーでもなかったけれど、第三セットはラファに対し逆転勝利で第三セットは6-0という完璧なスコア、そして今までクレーでことごとく負け、優勝セレモニーでラファがトロフィーを掲げるのを横で見せつけられてきたRogiにとって、これは本当に念願の勝利だったんだろうと思います。

でも、昨日負けてもラファは負けたことで連勝記録プレッシャーから解放されたわけだし、今週オフだから体力も戻るであろうし、もっとタフになってRGにやって来るかもしれませんね・・・オオ、コワッ!
でもま、二人の対戦がまた実現するとしてもそれはまだ先の話です。その前に6つの試合に勝たなくてはならないのですからね。

RogiはErikaさん情報によると、水曜日にパリに到着する予定だそう。
とにかく、ケガなくいい準備をしてもらいたいっす。
| AMS Hamburg | 23:52 | - | - | - | - |