SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
<< Day4 OOP -ローマ | main | ローチさんとのコーチ契約終了 >>
肩の力を抜こう
R.FEDERER l F.VOLANDRI 2-6, 4-6
Match Time:1h18mins

「危険な相手になり得る」・・・とこの前の記事に書きましたが、本当に現実にそうなってしまいました・・・「なり得る」どころかバリバリ危険な相手でした・・・

今日はホントにRogiにとってガッカリな試合だったと思う。もちろんRogiファンにとっても・・・結局最初から最後までRogiの方にいいトコがなく完敗と言っていい内容だった。

1stサービスの確率も低く(44%)、FHもBHもトラブルでエラーが目立ち、最後までそれを立て直すことが出来ずだった。UEの数は44を数え、18ゲームでこの数ですから、毎回1ゲームにつき2.4はUEで相手に献上していることになるわけで・・

ボランドリは最後まで闘う気持ちを強く持ち、最後まで集中を切らさず、トップスピンで我慢してラリーをし、Rogiがウィナーを狙ってきた時は走って走ってあきらめず守って、そしてそこからの一発逆襲がキメ、または固く守ってRogiが攻め急ぎエラーしたりと、まるで誰かさんを彷彿とさせるようなプレーでした・・・しかし、その誰かさんよりボランドリの方がメリハリがあり攻撃的なので今日のような一方的な結果になったように思う。

ところで最近の試合において、Rogiのセクシー度合いが下がってきているように感じるのだけど、皆さんはどう思われますか?Rogiのセクシーさがどこから来るのか、それは逆境やタフな状況にある時、Rogiの中の静かな、しかし熱い「炎」がメラメラと燃え上がることによって醸し出される「気」のように思う。
今年もRoger Slumに挑戦するわけでRogiはその為にトレーニングを計画しハードな練習をこなし、順調に来ていることから自分への期待も高く周りの期待も高く、それによってRogiは知らず知らず大きなプレッシャーを自分に与えてしまっているのかもしれない。。そのプレッシャーにRogiの中の「炎」がちょっと押されてしまっているのかも。。

もし、そうであるなら今日の敗戦が、Rogiの肩の力を抜かせてくれるものであって欲しい。そして一度しっかり地面を見て再チャレンジして欲しい。私もただRogiのチャレンジを揺るぎなく見守って行こうと思う。

今日はミルカにハグしてもらってぐっすり眠ってね!Rogi!
| AMS Rome | 00:58 | - | - | - | - |