SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
<< モンテカルロ決勝進出 | main | 準優勝 -モンテカルロ >>
試合に記者会見に会合に
初戦・3rdRoundと記者会見のスクリプトを見ると、一番最初の質問が試合ではなく、ATP会長、エチエンヌ・ド・ヴィリエ氏とのミーティングについて、というのが今のRogiの地位というか、彼ががただのランキング1プレーヤーというだけじゃないというのが見てとれます。

Rogiは、選手の信頼を受けその代表として意見を聞きまとめ、ファンの後押しを得られるよう代表の一人としてその心情を世間に訴えるという役目と、そして選手代表の一人としてATP会長やITF会長との会合を持ち彼らの理解を得るという役目を担っていたわけです。それは誰にも出来ることではないと思います。

もちろん、Rogi一人の力でないことも確かです。選手達が一致団結して後押しがなければ、会長達を動かすことは困難でしょう。でも、3年連続で選手の投票で決まるスポーツマン・シップ賞を得ていて、ロッカールームで気軽に挨拶や言葉を交わせられるRogiだからこそ、国籍や言葉、得意のサーフェスが異なる選手達の意見を取りまとめられたのだと思う。

テニスというスポーツにはマナーの良さやフェアいう点で素晴らしい特質があると思います。テニスファンはテニスのそういう部分も好きなんだと思います。興行ですからある程度の合理性は必要ですが、私は目先の利益ばかりを追いテニスの良さを失うことがないようにしてもらいたいです。
今後この問題がどのように進展し解決に向かうのか定かではありませんが、選手、運営側、ファンにとって最善策を彼らが見つけられることを祈ります。
| ATP & Other Players | 20:28 | - | - | - | - |