SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
<< GS6大会連続決勝進出! - US Open | main | フェデラー、三連覇!!! US Open >>
Schedule of Play, Day14 (Sun) - US Open
壁掛時計Schedule of Play, Day 14: Thursday, 10 September

いよいよですね。私は大会始まった頃に会社に有給休暇を申請しておいたので、当日は出勤準備に追われることなくじっくり熱烈に応援します!

さて、決勝の相手はやはり来ましたね、ロディック。二人のH2HはRogiの10-1。過去対戦成績ではRogi有利ではありますが、なんつっても、2万人以上の観客のバックアップのある今のロディックは、かなりの要注意です。ロディックはBH良くなっているし、ディフェンスも上がったと思います。スライスもスピンが強烈にかかっていて持ち上げにくそうだし、サービスは健在で、メンタル的にも以前のもろさを見せていません。

Rogiが一敗した2003年のモントリオールの準決勝を私はTVで見ていました。あの時は休み明けで初戦のガウディオ戦から苦しんでいました。また、その準決勝は勝つと1になるという試合で、Rogiは1になるという心の準備がまだ出来ていなくて、突然目の前に1が取れそうな位置に来ていることを知って、試合に集中出来なかった様子でした。しかし、あの時はロディックがとにかく必死でボールを拾い、あきらめず食らいついての勝利であったと思います。
今回もユーズニー戦を見ていて、なんとかして決勝に行きたい、というロディックの気概を感じました。バックには彼を奮い立たせる観客もいることですし、それは彼にとって大きな励ましになると思います。

しかし、Rogiはそのモントリオールの時のことを覚えていて、自分の中にあった弱さを認め、ロディックが良いプレーをして決勝に来たこと、観客の大きなバックアップを持っていること、全て承知の上で試合に臨んでくると思います。また、今年Rogiはウィンブルドンで優勝候補の一人にロディックをあげました。記者の中にはそれを苦笑いする人もいましたが、Rogiはロディックが何かきっかけさえ掴めればすぐに大きな舞台の決勝に戻ってこられる潜在能力を持っていることを知っているからに他なりません。これらのことからRogiは精神的にも十分な準備をして来るだろうとと思います。
冷静沈着に積極的に無慈悲に攻め、守るところはしっかり守り、アンフェアな観客に惑わされることなく、固く自分を信じて、最終的にあの美しいシルバーのトロフィーを掲げてもらいたい。
とにかく、いいフィーイングでコートに立つ事が出来ますように!Rogiの素晴らしいプレー、その精神を見せてもらいたいっす!

GO, ROGER!!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
| GS US Open | 20:11 | - | - | - | - |