SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
<< エクスプレスinto準決勝! - Wimbledon | main | 決勝へ! - Wimbledon >>
OOP Day11 (Friday, 7 July) - Wimbledon
壁掛時計Schedule of Play Day 11: Friday, 7 July
男子ベスト4が出揃いましたね。
.Roger Federer (SUI)[1] vs Jonas Bjorkman (SWE)
.Marcos Baghdatis (CYP)[18] vs Rafael Nadal (ESP)[2]

ナダルはさすがですね。ドローを見たとき、決勝に来る可能性があるとは思いましたが本当にここまで来たのは素晴らしいと思います。内容についてもサービスゲームは安定しているしチャンスには強いしで、彼のメンタルの強さという武器がいきている戦いぶりだと思います。

バグダティスも初戦は苦労しましたが、グロージャン→マーレィ→ヒューイットとタフなドローを勝ち上がって徐々に自信をつけてきています。AO準優勝の後すこしダウンしましたが、ここでまたベスト4に残ってきているということは、そういう自力を持っているという証です。それを自信にしてノッてくると怖い相手です。

さて、RogiのSFビヨルクマン戦はセンターコート第一試合に組まれました。二人のH2HはRogiの3-0で全てストレートセットで勝っています。大会が始まった頃はSFにビヨルクマンが来るとはちょっと思いつきませんでしたが、'03ではQFまで進出していますし、ノッティンガムでも優勝2回今年も準優勝と元々速いサーフェスを得意とするプレースタイルですから不思議なことではありません。Rogiとの3戦も、7セットをプレーしたうち4セットはタイブレークに突入していますから、今回もビヨルクマンのサービスとボレーの精度や威力が高ければタイブレーク突入、セットを落とす危険性もあるのでしっかりサービスゲームは集中していかなくてはなりません。

でもビヨルクマンには悪いけれど、正直、芝で、ウィンブルドンで、5セットマッチでRogiがこのSFで負けるとは想像しにくいです。でも、決勝の相手はどちらが来てもタフな試合になると思うので、弾みをつける為にも集中していいプレーをして自信になるいい勝ちあがりをキメてもらいたいっす!

Go! ROGER!!よつばのクローバー
| GS Wimbledon | 05:54 | - | - | - | - |