SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
<< OOP Day9 (Wednesday, 5 July) - Wimbledon | main | OOP Day11 (Friday, 7 July) - Wimbledon >>
エクスプレスinto準決勝! - Wimbledon
R.FEDERER def M.ANCIC 6-4,6-4,6-4

アンチッチは芝で最後にRogiを破った男としてどっかのニュースの見出しにもなっていましたが、この2002年の初戦敗退はとても悔しかった、と今日の試合直後のBBCによるインタビューで答えていたのからもわかるように、その時のリベンジに燃えていたのか、とても気持ちが入っていたように思いました。(しかしこのBBCのインタビューは途中からカットされてしまいました。後でBBCのサイトにupされるのかもしれないのでチェックしとこ・・)

第一セット2-2で雨が降りだし、1時間以上のサスペンデッドがあったのですが、再開になった時も集中は切れていませんでした。っていうか、いい集中で入ってきていました。反対にアンチッチは緊張してか1stサーブが入りませんでした。Rogiはそれを見逃さずこのゲームをブレイク、そのまま第一セットを逃げ切りました。

そして第二セット、RogiのFHとパスが炸裂し初っ端でブレイク!次の3rdでも40-0からデュースまで粘りプレッシャーをかけ、自分のサービスゲームは2nd、4thゲームとラブゲームキープという好スタート。そして5thでアンチッチがラブゲームキープしたところでまた雨でサスペンデッド、2回目の中断となりました。この5thはRogiが積極的に攻めた上でのエラーでポイントを失ったのですが、少しそれが出るのが早くなってきた時だったので、私はちょうどいい時にサスペンデッドになったと思いました。
再開後の緊張するサービスゲームをキープ、9thでもアンチッチのサービスゲームでデュースまでプッシュし、Serving for setでもピシッと閉めこの第二セットもとり2-0としました。

第三セット、序盤3ゲーム、Rogiはノリノリで2ブレイクアップ、3-0としました。しかし4thでちょっと走りすぎたというか丁寧さに欠けるプレーが出てしまい&アンチッチがいいプレーを立て続けにし、ブレイクバックを許してしまいました。ま、しかし私が言うのも結果論でホント紙一重のプレーをしていたと思うので、このゲームはアンチッチをほめるべきでしょうね。
しかし、4-3でのサービスゲーム8thでは、厳しい目で見ればそこで不用意なUEが出てBPを与えてしまったのは今後の注意点といえるかもしれません。しかしこれをFHパッシング/CCへのウィナーで切り抜けました。Serving for Matchでも40-0から二つエラーが出ましたが、そのうち一つは深く打とうとしてそれがlong、一つはちょっと無理して攻めたような気がしました。そして3つ目のMPではサービスエースを決め準決勝進出を決めました〜。

全体的に見て、サービス,FH,BH,読み,反応,リターン,フットワークetc..とても良かったと思います。第三セット終盤、アンチッチはファイトし得意の攻めパターン、FHで攻めネットに出て仕留めようとしましたが、それは叶いませんでした。
アンチッチは優勝候補のダークホース一番手で、恐らくこの試合をRogiはかなり警戒していたと思います。しかしリターンとパスでアンチッチの武器をを封じ込め、結果ストレートで勝つことが出来たのはさすがでした。

今日のファミリーBOXにパパも来ていましたね。Rogiパパは2002年のアンチッチ戦に観戦に来て息子が負けるのを目の前で見て、それから2003年は決勝戦でさえゲンを担いでウィンブルドンには行かず、おうちで観戦したのだそうです。なんか、かわいいパパですよね。
家族団らん・リラックス・気分転換をして、次の準決勝ビヨークマンに向けていい準備をしてもらいたいっす!よつばのクローバー
| GS Wimbledon | 08:13 | - | - | - | - |