SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
<< 決勝カード、フェデラーvs ナダルに -ドバイ | main | スパムコメント対策 >>
負けちゃった。。 -ドバイ
6-2, 4-6, 4-6

ハードコートの連勝記録がストップしましたね。いくつだったっけか?
いつも出だしでサービスをブレイクされているから、今日はキープしてくれたのでヨシッ!と思ったんだけどな・・・
でも、ま、全体的にいいプレーは出来たようには思う。見てないから実際は分からないけど、そんな気はする。ただ、ナダルの方が勝者に相応しいプレーをしたのだろう。だから素直にナダルにおめでとうを言いたい。怪我からの復帰第二戦で、ハードコートでRogiを破っての優勝なんだから。

第一セットは怒涛の勢いでRogiが取ったようですが、段々とナダルが調子を上げてそれが落ちることはなかった。Rogiは第二セットでエラーが出だしたようで、ちょっとトーンダウンしてきてる印象がありました。キープ合戦第二セットの後半、こうなると精神力で勝るナダルの方が俄然力が湧いてきたみたいです。Rogiは逆にプレッシャーを感じたんじゃないかな・・・

ファイナルセットは初っ端からブレイクダウンのスタート。これは痛かった。Rogiはこのセットの中盤でギアをあげなくてはいけなくなった。4thでブレイクバックをするも、重要な後半まで集中力が持続できなかったような気がします。

Rogiはすごい時はものすごいけど、その調子に試合の中でも波があるプレーヤーで、ナダルはそれを見過ごさない勝負強さがある。そしてナダルはそのレベルが一貫していて調子がいい時は彼からのフリーポイントは期待できない、これはRogiに常に緊張を強いるわけで、Rogiにとって厳しい状況となるように思う。Rogiの様々なショットは彼の自信とリラックスの中から繰り出されるので、この緊張は時には彼の最高のレベルを引き出す鍵にもなるけど、今回のようにあっけなくゲームを落とすことにもなる。

負けたことは悔しいけれど、1が2に負けることはあってもおかしいことじゃないし、今後に繋がる試合だったんじゃないかな。実際いつも狂わされていたスタートで自分のリズムでプレー出来たしね。
是非また、二人の対戦がありますように!そして今度こそRogiはリベンジを果たして貰いたいっす!!

来週始まる(Rogiの初戦は12日の日曜かな?)インディアン・ウェルズの大会の為、この後すぐに北米に飛ばなくちゃならないけれど、それをいい気分転換にして、しばし体を休めリフレッシュしてコートに戻ってきて欲しいですね!
| Other Tournaments | 03:35 | - | - | - | - |