SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
<< ヨッシャ〜! グッドラックQF for Rogi! -ハンブルグ | main | リベンジ2ぢゃ,Roger & HOLD YOUR TITLE! -ハンブルグ >>
Hop into FINAL !Rogi!! -ハンブルグ
6-4, 7-6(3)!!ヤッタ〜!トップシードのガチンコマッチ、コリアを退け準決勝進出をキメマシタ〜。

コリアはローマからの連戦で恐らく100%でなかっただろうとは思いますが、この勝利はRogiにとって大きな自信になったと思います。2つのセットとタイブレークもブレイクダウンからの復活勝利でしたし、なんと言っても相手はコリアですからね〜。

第一セットでは先にコリアに3rdゲームをブレイクされたものの6thでFHアプローチの後のボレー、リターン、FH、BHと4つのウィナー(級の)ショットでブレイクバックし、5-4リードの10th,コリアサービスゲームでも1stポイントをナイスリターンとFHで取りコリアにプレッシャーを与えこのゲームを取るとともにこのセットを取りました。

第二セットでは2nd,コリアサービスゲーム、コリアが先にAdvをとるもRogiはウィナーでデュースに戻すというのが3回あり、しかしコリアも負けじと応戦いいゲームだったみたいです。Rogiも5thでデュースに持ち込まれましたがそれをキープします。
さて6thゲーム、ここで観客が倒れるというアクシデントがありここでゲームが5分ほど止まりました。その後7th,イマイチのドロップショットとダブルフォルト,FHエラーでブレイクされてしまいます。どうも集中を欠いたようなプレーだったそうな。そのことを会見で聞かれ、
「時々雨が降り、時々今日のような何かが起こる。そのいろいろな事柄を全てさばいていかなくてはならないんだ。でも僕は待つことが適切だと思ったよ。」
しかし、記者もなんちゅうこと聞くねん。。例えそれでリズムが狂ったかとしても、ハイそうです、なんてその倒れた人の為に言えないじゃんか・・そういう意味でRogiはここでも正しい受け答えをしました。

話はゲームに戻り、ブレイクされた後のコリアのサービスゲームでは1ポイントも取れず3-5、9thでは調子を取り戻しキープ4-5、そしてコリアのServing for set、ここでコリアがミス、ダブルフォルトをしてしまいます。RogiはそれをチャンスとみなしFHウィナーを決め30-0、コリア一つ返すもブレイクバックに成功5-5!そしてお互いいいサービスゲームでキープしタイブレークへ!

Rogi-コリア、Rogiのサーブからスタート
0-1 RogiのFH、ロング
0-2 RogiのBH、ワイド
1-2 RogiのBHクロスコートロブウィナー
2-2 コリアのFH、ネット
2-3 Rogiのダブルフォルト
3-3 コリアのFH、ロング
4-3 RogiのFHウィナー
5-3 RogiのFHパスウィナー
6-3 RogiのファンタスティックFHクロスコートウィナー
7-3 RogiのFHリターンウィナー!!!GSM FEDERER!

CNNニュースでチラリとそのプレーが見れました。1つは4-4,9thでの2ポイント目、コリアがFHで攻めRogiロブで凌ぎ、コリアそれをオーバーヘッド、しかしそれもRogi返し次コリアがドロップショットをしたところRogi追いつきBHクロスコートのパス!
2つ目はタイブレーク、コリアサーブ2-0、Rogiドロップショット、コリア追いつきBHダウンザラインに返し、RogiはFHクロスコートに速いパスを抜こうとするも、コリア飛びついてフォアボレー、そしてRogi絶妙のBHクロスコートロブ!これにはコリアでも追いつきませんでした。
3つ目はマッチポイント、RogiのFHリターンエース!

コリアは去年の決勝と今日の試合を比べてどうだったか聞かれ、
「二つとも彼は試合にゆっくり入っていってどんどん良くなってきてた。そして大事なポイントではいいプレーをするしホントに堅固だね。明らかに彼はRGの有力候補の一人だよ」
とうれしいお言葉。しかし次に一番強いのは誰かと言えば・・?と尋ねられ
「クレーでのナダルはフェデラーより強いと僕は思うね」
ま、そう言わすことをナダルはしてきてますもんね。

一方Rogiは会見でこのコリアの言ったことを聞かされ、
「彼は決勝で2度彼(ナダル)に負けているからね。決勝と準々決勝のモチベーションを比較するのは難しいし、彼(ナダル)は今年多くのクレートーナメントに勝ってる。だからコリアがそう言っても驚かないよ。全仏の大きな有力候補であるコリアのそばだということが僕の成果だ。もし彼がナダルより僕がずっといいと言ったならそりゃ愉快だろうけどね」
とサラリと受け止めつつ前を向いてる様子。。
また、昨年よりあなたはいいクレーコートプレーヤーであるでしょうか?と聞かれ、
「答えるのは難しいね。今クレーコートでの感触はいいと感じる。でも昨年も僕はここでそう感じた。だから僕は自分のプレーのレベルを過大評価をしたくないんだ。全仏のコートはここより速くボールも異なる、僕はそれに直ぐに慣れなくちゃならない」
Rogi、ここでも慎重です。

次の準決勝はダビデンコ。H2Hは5-0とリード。
事実上の決勝戦といわれたコリア戦に勝って緊張を維持するのは難しいか?と聞かれ
「準決勝を戦うんだからモチベーションを維持するのは難しくないよ。僕はトーナメントで決勝に辿り着きそこで勝つ道を知っているからね」
うん、この言葉真実味がありますな。そして次のダビデンコ戦について聞かれると
「僕と彼とはとてもハードだった多くの試合をしている。3度もファイブセットマッチをしているしね。彼は多くのトーナメントでプレーし勝ってきている。初戦でなぜか負けることもあるけど、ここで彼はとても調子がいいようだ。だから気をつけなくちゃいけない。何よりも全て十分いいプレーをしてきてる。それは僕もそうだけど僕は彼を過小評価するつもりはないよ」
と気合を入れて挑むようすです。
私はダビデンコがなかなかすんなりとは勝たせてくれないタフな相手だということはRogiにとってはモチベーションを維持する上でまた一つ味方してくれると思います。

とにかくここでも高い集中と我慢&攻めきりで決勝に向けていい勝ち上がりをして欲しいっす!!

便箋Press Conference with ROGER FEDERER
Federer vs. Coria 6:4, 7:6 (3)

便箋Press conference with GUILLERMO CORIA

↓DAY6, 14日(土) Order of Play
おてんきCenter Court starting at 13:00 CEST
Roger FEDERER (SUI) vs. Nikolay DAVYDENKO (RUS)
followed by
Christophe ROCHUS (BEL) vs. Richard GASQUET (FRA)
followed by
Michael LLODRA (FRA)-Fabrice SANTORO (FRA) vs. Leander PAES (IND)-Nenad ZIMONJIC (SCG)

おてんきM1 Court starting at 12:00 CEST
Mario ANCIC (CRO)-Ivan LJUBICIC (CRO) vs. Jonas BJORKMAN (SWE)-Max MIRNYI (BLR)
| AMS Hamburg | 13:45 | - | - | - | - |