SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
THAT'S WHY WE LOVE ROGI!
先日のセンセーショナルなシングルス初戦敗退の後、ダブルスの試合の為スタジアム2に入場するRogiに、ファンは立って拍手で迎えたそうです。多くの観客はRogiが足の故障かなにかでダブルスを棄権するだろうと考えていました。
しかしRogiはコートに姿を現しました。それはシングルスの敗北について、なんの弁明・申し開きもないものだということを自ら証明するものでした。きっと、ファンはその潔さ・ファンを想う気持ちに感激したんだろうと思います。

Rogiを昔から知る人々は、Rogiの人柄そのものは昔と全然変わっていないとよく言います。Rogiも3年ほど前までは、頻繁にシングルスとダブルスの両方にエントリーして、同日にシングルスとダブルスをプレーする、そういうプレーヤーの一人でした。会見でも語っていましたが、以前はシングルスに負けその後すぐに気分を切り替えダブルスをプレーすることは通常によくあることでした。
シングルスを終えダブルスの試合を準備している時Rogiは、久々だなぁ、こういう状況。。とは思ったかもしれませんが、何事もなかったようにダブルスのコートに入場してきたそうです。

本当に、Rogiのテニスに対する気持ちや視点のブレのなさには感心させられますよね。私より随分若いのに・・・
Rogiのかわゆさやいじらしさもそうですが、彼のこういうところも私たちRogiオタが彼を愛さずにはいられないところなんですよね。

nannanさんのブログに、11日シングルス初戦敗退&ダブルス初戦突破後の会見の日本語訳をアップしてくれています。いつも思うけど、nannanさんの訳ってホントにRogiが語ってるカンジが出てて好きだなぁ・・

ところで時々、Rogiの少年のような天真爛漫+率直さを、うぬぼれやナルシシズム著しいヤツと大きくカンチガイしている人を見受けることがありますが、もし、Rogiがそうであるなら、恐らく足に問題がなくともこのダブルスを棄権していたことでしょう。(これはシングルス敗退のあとダブルスを棄権することを皆貶めているわけではありません。基本的に私はそれについて仕方ないことだと思っています)
また会見でも、相手を称えつつ、記者の質問にはきちんと対応して我々ファンの知りたいという欲求にも答えるのが彼のスタンスです。別にそれは勝者から何も奪い去る類のものではありません。

それと、今回Rogiがとった行動で、改めて他の選手たちの素晴らしさをも再認識したように思います。我々ファンはお気に入りの選手の結果に激しく一喜一憂してしまいますが、彼らは14〜16歳ぐらいからそういう厳しい勝負の現実に就きつけられ、それにいい意味で慣れ、うまく対処していく方法を学んで強くなってきているんですものね。わたしなんてホントぬるま湯ざっぷり状態だからなぁ・・・

さ、今日はダブルスの2回戦ですね。スタジアム2の第三試合に組まれています。相手は第4シード強豪ヘンリー&ウリエット組です。
第一試合がヘンマン&マレーが出るダブルスで第二試合がナ・リーvsヤンコヴィッチ・・・うーむ・・日本時間6時半過ぎあたりにスタートと予測。LIVE配信は同時刻の他のカードからして期待してはいけません。
パートナーのイヴとはナショナル・テニス・センターでルーム・メイトだった頃からの仲ですから、気心も知れてるしリラックスしてプレー出来るみたいですね。とにかく試合を楽しんでもらいたいっす。

壁掛時計ORDER OF PLAY Tuesday, 13 March 2007 pdf
| AMS Indian Wells | 01:57 | - | - | - | - |
2回戦進出 -インディアン・ウェルズ
Y Allegro (SUI) / R Federer (SUI) def D Ferrer (ESP) / T Robredo (ESP) 64 76(2)

って、ダブルスかよ!という声が聞こえそう・・・ぬゎははは・・はは・・は・・・悲しい

いや、ね、きっとRogiは気持ちを切り替えてかんばったんだろーな、と思ってさ、私もちょっと気持ちを切り替えてみたわけさ。。

ま、そいでもちゃんと総括せねば。。だって、このような日もあってこそ今のRogiがあるんですからね。試合に負けた悔しさはもちろんあるだろうけど、きっとRogiはこれもいいきっかけにしてくれると信じてます。
R.FEDERER lost G.CANAS 5-7, 2-6 ・・・
Match Time:1h45m ・・・

初戦敗退って2004年8月のシンシナチ以来ですね。なんとなくラッキー・ルーザー・カニャスってちょい心配ではあったんですよね。「このラッキーを何が何でも生かしてやる!」とすごいファイトでRogiに挑んでくるのがわかってたんでね。
不注意もあったとはいえ、自らが意識して飲んだわけじゃないドーピング罰則、ランキングも上昇していた時に試合に出られない悔しい期間があって、そこから這い上がってきて巡って来たチャンス、きっとRogiからのプレッシャーに簡単に屈したりはしないだろうと予感していました。ですからRogiは本当にカニャスを打ち負かさないといけないだろう、初戦なのにこりゃタフな試合になるな・・・と。。試合は見ていないけれど、あながち私の予感も外れてないくらいカニャスはいいプレーをしたみたいですね。
第一セットの5-4*、カニャスAdvで私は念力を送ってデュースにしたのですが(って、おめぇじゃねぇだろ!)、そこで部長に呼ばれて頼まれごとを済まし席に着くと5-5になってた・・・部長めぇ〜〜〜!!怒り(←逆恨み)
しかし、今日は間違いなくカニャスが勝ち取った勝利ですね。彼をたたえましょう。

でもなんつっても初戦ストレートで敗退・・ランキングポイントも+20-500で-480となるのかな・・ドバイ優勝でちょっとプラスにしましたがそれもかき消されちゃいます・・・
あぅ〜、Rogiのうなだれた写真を見ると、なんかホントみんなが言う通りいじらしくって、ミルカ!フォローよろしくお願いね〜っ!って叫びたくなっちゃう・・・ほんに我々の母性本能をくすぐるかわゆいヤツであることよ・・・ポッ

あ、でも足は大丈夫みたいっすね。本当にそれを聞いて安心しました。ショックでダブルスがあったのすっかり忘れてたんで・・ダブルス出れるくらいだし大丈夫でしょう。テープがズレてそれがちょっと痛かったみたいですからね。ま、明日は試合ないし、気分を切り替えてダブルスを楽しんでもらいたいっす!
| AMS Indian Wells | 21:51 | - | - | - | - |
Day3 OOP(サマータイムご注意!!) -インディアン・ウェルズ
今年から一部(アリゾナ州)を除く北米は3月の第二日曜日の午前2時から夏時間となり、アメリカが3月11日の午前2時になると同時に午前3時と時計が1時間早く進みます。
よって、Rogiの初戦が始まる頃は日本との時差が-16時間となってますのでご注意を!

壁掛時計Order of Play -Sunday, March 11, 2007(pdf)
Rogiのシングルス初戦は スタジアム1の第三試合に組まれました。でその後、ダブルス初戦がスタジアム2の第五試合に組まれています。シングルスは現地時間の15時前後のスタートと想定して、日本時間は12日の朝7時頃・・・う〜む、一番忙しい時間じゃん。

で、ゲゲッ!Rogiの初戦の相手がカニャス!?彼は予選の最終ラウンドで敗退したのですが、ラッキールーザーとして本戦in。で1回戦の相手HAJEKを6-1,6-1で下してここに入ってきました。これはタフな初戦となりそうです。
カニャスはドーピング違反で2年の出場停止(しかし、医師の処方と違う薬をスタッフから渡されたと主張し、15ヶ月の停止となった)を喰らいつつ、そこからチャレンジャーを転戦してポイントを稼ぎ、不屈の精神でこの前2月の大会で優勝を果たした精神力の強い選手ですからね。
二人のH2Hも1-1のイーブン。Rogiにとっていい材料は、最後の試合はここインディアン・ウェルズのSFで戦い、第一セットちと苦労しましたが、ストレートで勝ったということでしょうか。しかしそれでもカニャスは予選を戦ってきてコートにも慣れているし、Rogiは初戦からギアをいつもより上げて臨まなくてはならないでしょう。でも、Rogiは何をすべきか知っています。その為の良い準備がしっかり出来ますように!
私は朝の身支度中なのでその試合を追いかけることは出来ないので、mastersseries.tvで試合見れた方、スコア追っかけれた方はレポートよろしく!私もその時間Rogiの勝利を祈ってパワーを送ります!ビーム!!(ノ・_-)☆*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:*+:
よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー

追伸、なかなか興味深い記事を見つけました。RogiがIWで最後に負けたのが2003年の3rdRoundクエルテン戦。その試合を振り返っていろいろ語っています。
便箋Pacific Life Open was timely turning point
| AMS Indian Wells | 14:06 | - | - | - | - |
フェデラー、サンプラスと一緒に練習
便箋Federer Tunes Up With Sampras

Rogiは金曜の記者会見で、パシフィック・ライフ・オープンを戦うに先駆けて、ロスでピート・サンプラスと一緒に2日間一緒に練習したことを明らかにしました。

ドバイからロスに到着して、Rogiはサンプラスに一緒に打ち合う機会を作れないかと電話し、彼から快い承諾を受け、世界中の多くのテニスファンが見たかったであろう練習が実現しました!このカード、エキシビでも見たいですねぇ!すぐにチケット売り切れるでしょうね。

記者からサンプラスのプレーはどうだったかと聞かれて、「驚くほど良かったよ。とても良かった。でも、僕を負かすほどではなかったけどね(笑)」
とうれしそうに答えたそうです。現役を退いて4年は経っていますからね。しかし本当にサンプラスはいいプレーをしていたそうです。
ベッカー、エドバーグは子供の頃のRogiのアイドルですが、サンプラスは、Rogiが本格的にプロテニスプレーヤーになることを夢見てジュニアツアーに参戦している頃から憧れて好きだった選手の一人ですから、同じアイドルでもちょっと前の二人とは違うでしょうね。実際1度だけですが、対戦もしているし。そんな彼と一緒に練習するのをRogiはすごく楽しんだことでしょう。ニコニコぶりが目に浮かぶ・・

土曜日のドロー出てますね。ここにFedererの名前がないから、やはり初戦は日曜日になるもようです。いい準備が出来ますように!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー

<追記>
3月9日(金)記者会見の全文
これ読むと、サンプラスがRogiに1の連続在位の記録を破った時、メッセージを送ったことや、一緒に練習をして、サンプラスがテニスを楽しんでいるのを見てうれしかったとか、二人がほのかにいい関係を築いているのがわかりますね。
| AMS Indian Wells | 16:08 | - | - | - | - |
ドロー出ました!- インディアン・ウェルズ
鉛筆PACIFIC LIFE OPEN 7 - 18 March 2007 MAIN DRAW SINGLES(pdf)

Rogiの初戦はHAJEKか予選進出者。3rdRoundがモヤorステパネク、QF4thRoundは先週優勝したヒューorフェレール、SFQFはジョコorツルスノフorブレーク、SFはデンコorマレーorハースorゴン、決勝はさて・・?

それにしても今回なんか欠席者多いですよね。ラファにロディック、ロブレドにリュビ、ナル・・・どうしちゃったんだろ?
<訂正>ちゃんと2ページ目のボトムハーフにみんないました・・・

こうなると、本当にRogiが健康でいられることに感謝ですね!引き続き、この先もそうでありますように!でもっていい準備が出来るといいですね!
よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー

<追記・お詫び>
IWのドローが減るってどっかで読んだ記憶があって、朝の忙しさと、頭の回転の鈍さ+老化現象からすっかりそう思い込んでしまいました・・・あんなにたくさん休むわけないじゃんねぇ・・・
皆さんにはご迷惑をお掛けしました。訂正とお詫びを致します。ゴメンなさい。m(_ _;)m

| AMS Indian Wells | 08:00 | - | - | - | - |
インディアン・ウェルズ3連覇!!!
R.FEDERER def J.BLAKE 7-5, 6-3, 6-0

インディアン・ウェルズ3連覇おめでとう、ROGER!!!
Roger Federer of Switzerland holds the championship trophy after defeating James Blake, 7-5, 6-3, 6-0, at the Pacific Life Tennis Open in Indian Wells, Calif. Sunday, March 19, 2006.
第一セット 7-5
123456789101112TB
R.FedererKBKKBKB
J.BlakeKBKBK

最初のブレークの勢いはホント、ゲゲッ!というカンジでしたが、Rogiが2ブレイクダウンして1-4となった時、逆にス〜と気分がラクになりました。たぶんRogiは、ブレークがどこかで落ちてくる時があるということを知っていたと思う。そしてもしこのセットをもし落としたとしても、そうは簡単にはそれを許さないゾ、と切り替えたのが良かったのだと思います。
ブレークは後半になるとさっきは入っていたようなショットが入らなくなりUnforced Error(UE)が出始めました。そしてServing for setではDouble Fault(DF)2つを含むUEsでこのゲームを落としてしまい5-5とイーブンに。そしてRogiが2つのデュースを凌いでキープした後の12thゲームをラブゲームでとり1st Set FEDERER!
この第一セットをとれたのがとても大きかったですね。
第二セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererKKKKBK
J.BlakeKKK

さて第二セットはお互いいいサービスゲームで4-3とキープ。ブレイクした8thゲームはRogiのディフェンス、ラリーのショットの巧みさが光ったゲームでした。あのゲームブレークは決して悪いプレーではなかったと思いますが、Rogiがなんせ素晴らしかった。
結局Break Point(BP)のピンチがあったのは最初ブレイクされた3rdと5thゲームだけで、あとは第二セット第三セットとも一つのBPも許しませんでした。

とにかくRogiのいいプレーが朝から見れてうれしい!!勝ってくれて尚更うれしい!!!早起きだってなんだって、今日一日いい気分で過ごせそうです。

もうマイアミのドローが出ているそうですが、一つこのIWを勝ってポイントを守れたことは大きいことだと思います。Rogiにはしばし体を休めてもらってまたマイアミで素晴らしいプレーと笑顔を見せてもらいたいっす!!

Good luck, Roger!
| AMS Indian Wells | 06:53 | - | - | - | - |
スリチャパン戦、そしてブレイク戦
R.FEDERER def P.SRICHAPAN 6-2, 6-3
J.BLAKE def R.NADAL 7-5, 6-3

Rogiは1時間ちょうどの省エネ走行で決勝戦の切符を手に入れました。パラドーンが先にミスをしちゃうという展開で、途中で余裕が出すぎてちょっと集中を欠く場面もありましたが、いやらしく変化、緩急をつけてパラドーンに気持ちよく打たさなかった、という印象でした。

準決勝第二試合、ブレークには悪いけど、てっきりRogi対ナダルの決勝戦になると期待していました。それが、まぁ、ストレートでブレークが決勝進出ですか!試合後でいいからRogiにそのコツを教えてあげてよ、なぁんて。。。
ナダルは指にマメが出来てたのかテーピングしてて、ソレが影響したのかどうか知りませんが、いい時は殆どないエラーが見られました。でもブレークにあのナダルのプレッシャーに動じず、すべき事を見据えそれをやりきったという強さが見られました。
ま、Rogiのナダルへのリベンジはまた別の機会までおあずけ、ということで。。

さて、ブレイクとのH2Hですが、Rogiの2-0。いずれも北米ハードコート。私は彼らの初対戦の試合を見ましたが、Rogiがストレートで勝ったとはいえ、とてもタフな試合でした。たしか第二セットはBreak Point Conversionsが1/21とかだったと思う。それにServing for setでブレイク・バックされてタイブレークにもつれたんですよね。。ブレークはナダルに勝ってまさしく勢いづいてるし、ホントに気をつけなければなりません。観客も明らかにブレーク側について声援を送り彼に力を与えるだろうし・・・
でも決勝は昨年からBest of 5sets Matchになったのでしたよね。これはRogiにとってはアドバンテージでしょうね。何しろ2004年から2006年全豪までのRogiのBest of 5sets Matchでの成績は64勝4敗。これらの経験実績がRogiを助けてくれるでしょう、いやこれを活かしてもらいたいっす!!

GOOOOOOOOOO!!! ROGER!!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
続きを読む >>
| AMS Indian Wells | 16:24 | - | - | - | - |
OOP 準決勝 -インディアン・ウェルズ
準決勝1フェデラーvs スリチャパンは現地時間11:30〜(日本時間午前4:30〜)の第一試合に組まれました。(GAORAの放送は日本時間午前11:00〜)
さて、二人のH2HはRogiの1-0。2004年バンコクでの準決勝、パラドーンはRogiから第二セットを取って大いにタイの観客を沸かせました。webで試合を少し見ることが出来たのですが、お互いが素晴らしいショットを繰り出して、しかし二人とも守りもしっかりしているのでラリーが適度に続き見ていて面白い試合だったという印象があります。
今回のパラドーン、ニエミネンとの準々決勝のハイライトを見ましたが、あの開脚レシーブはすごいですね。あの姿勢でパッシングが決まるのですから。Rogiもアレには気をつけなければならないでしょう。それにノーシードから3人のシードを破ってきた勢いというのが今の彼にはあるし、ファイトすればするほど多くの観客はパラドーンを応援するだろうから、Rogiはしっかり集中しキッチリとポイントをキメて行くことが必要でしょう。

とにかく、リラックスして大いに攻めきってもらいたい。でもってパラドーンのお株を奪うような守りをみせて、彼の勢いとそして勝負時に活きる"瞑想"を頂いちゃって欲しいっす!!

GOOOOOOO!!! ROGER!!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー

壁掛時計OOP Saturday, March 18
続きを読む >>
| AMS Indian Wells | 23:43 | - | - | - | - |
リュビ戦 -インディアンウェルズ
R.FEDERER def I.LJUBICIC 6-2, 6-3

今日一日気分良く過ごせそうです。Rogiのパフォーマンスはここに来て上がってきてるようですね!
atpmastersseries.tvの実況を聞いていて、サービスの調子が良いという印象がありました。(実況自体は何言ってるんだかサッパリでしたが・・)いつもは第一セット取った後、第二セットにリュビが盛り返してきてブレークを許すということがありましたが、今回はそれがありませんでした。でもServing for Matchで2ポイント目4ポイント目アドコートへのサービスが2ndになり、ショットもアウトしてしまったのは今後の改善点かも。。

そういえば、ダベンポートがRogiのチームボックスにミルカと一緒にいたそうです。彼女は穏やかで親切でとてもいい人だと選手間でも有名だしRogiとも気が合うのでしょうね。昨年Rogiが足を怪我してた時もチューリッヒで一緒に食事をしたっていうし。

すゎ!GAORAでRogiと会えますね!日曜朝が今から楽しみです!一日試合があきますが、この調子で行ってもらいたいっす。
ひとときミルカとゆっくりいい時間を過ごして、体調を整え良い準備をしていいフィーリングで準決勝のコートに立つことが出来ますように!!
第一セット 6-2
123456789101112TB
R.FedererKBKKKB
I.LjubicicKK

第二セット 6-3
123456789101112TB
R.FedererKKKBKK
I.LjubicicKKK

Match StatsRFIL
1st Serve %37/53(70%)38/51(75%)
Aces54
PW on 1st Serve29/37(78%)23/38(61%)
PW on 2nd Serve9/16(56%)5/13(38%)
Receiving PW23/51(45%)15/53(28%)
BP Conversions3/8(38%)0/1(0%)

| AMS Indian Wells | 07:52 | - | - | - | - |
ガスケ戦、そしてリュビ戦
R.FEDERER def R.GASQUET 6-3, 6-4

ロフス戦の調子をMTFで伝え聞いて、ガスケ戦はえらくタフなマッチになるだろうと覚悟してましたが、Rogiは初めから自分のリズムを得ることが出来、結局一度もBPピンチに面することなく約一時間の省エネ巡航、準々決勝に駒を進めました。

このストレート勝利の要因はRogiのサービスが一貫して良かったのと、ガスケのリターンゲームがRogiにプレッシャーを与えるほど良くはなかったということであったようです。でもRogiらしい攻撃的ないいテニスが出来たと聞いて少しホッしました。
atpmasteresseries.tv見れない方はMTFで拾ったハイライトをどうぞ。もし、音声だけしか再生されない場合、コーデックをインストールしてください。詳しくはこちら

全豪でRogiは攻撃的にしようとして少し力みが生じ、メリハリをつける為か少し引いたプレーをすれば後手にまわる、といった少しちぐはぐなところがありました。もちろん、相手がタフでそうなってしまったというのもあると思いますが、何かが彼のリズムを取り戻すきっかけになれば・・と思います。

さてさて明日の準々決勝、相手はリュビ、またまたタフな相手です。H2HはRogiの8-3。昨年もここIWの4thRoundで対戦して7-6,7-6という厳しいスコアで勝っています。今年もリュビは昨年の好調さを維持して、今年出場した4大会のうち早くも2回優勝しQFも2回という成績を残しています。これはリュビのゲームが安定してきているということなので、Rogiも一貫して良いプレーをする必要があるでしょう。

とにかく、難しいコトだろうけどポイントやランキングのことはひとまず横においといて、肩の力を抜いて「禅マスターRoger」でプレーしてもらいたいっす。

Good luck, and gooooooo ROGER!!!よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー

壁掛時計Order of Play

続きを読む >>
| AMS Indian Wells | 00:46 | - | - | - | - |