SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Rogi オタ ワールド! blog

ようこそ!Federer Expressことロジャー・フェデラーにハマったonmのblogです。
初心(私がRogiを見初めたツボ)を忘るべからず!
Rogiの公式HP rogerfederer.comのトピ、INDIAN WELLS 2008 - PACIFIC LIFE OPEN の208ページ〜にKirstさんがレポートとたくさんの写真をアップされていますが、皆さんはそれを読まれましたでしょうか?

最近のRogiの成績や単核症という病気にかかったことなどから、メディア報道や一部のスポーツファンから「終わりの始まり説」とかはたまた「引退説」とかなどがささやかれて、私もそれに心を痛めていたのですが、先日Kristさんのレポートを読んで、Rogiは今までと変わらないリラックスした様子で練習やファンと触れ合ってそれを楽しんでいる風なのを知って、安心したのと同時に私は何をやきもきしていたんだろう?と憑き物が落ちたような感覚を得ました。

私がRogiを好きになったのは、'03年WimbyのSFと決勝戦とセレモニーを見て、鮮やかなセンセーショナルなプレーとは反対に彼自身は控え目でしかし率直、でもプレーと同じくとても自然体で無理がなく、試合中のクールな外観とは異なりとても情緒豊かで、美しく愛らしいパーソナリティを持った人だと知ったからです。
("知った"だなんて、TVでただ2度彼の試合を見ただけで何を・・と思う人もいるかもしれませんが、でもそう表現するのがしっくりするんですよね・・・)

そりゃ人間だからイラ立つことも落ち込む時もあるでしょうが、あれからRogiは基本的に何にも変わっていません。病気というアンラッキーにぶち当たっても私が見初めたRogiの良さは失われていません。
もちろんRogiが試合に勝ちトーナメントで優勝するのを見るのが好きでしょう。その日はそう遠くない日に来て欲しいと彼の為に願いますが、Rogiはツアーに戻ってセンターコートで観客の前でプレーすることが自分は本当に好きなんだと再確認したとそうで、練習の前後にファンとちょっとした会話を楽しんだり、さりげないことだけどそんな前向きな彼の様子を知って、私も前向きに応援していこう、と思ったのでありました。

春は来るし桜明けない夜はないっていうしね。日の出


続きを読む >>
| onmのつぶやき | 07:48 | - | - | - | - |
フェデラーの過去5年をカレンダーでみる
200420052006
20072008

こちらに良く来て頂いているRogiオタの皆さんは、すでに2008年カレンダーを手にされていると思います。(まだの方、こちらで買えます。)
いかがです?益々Rogi、かっこよくなっていますよね。12月のなんてよだれもんです。。

さて、私の部屋には5つカレンダーがかかっております。そう、2004年のからずっと外さずかかっているわけです。ただの無精者だからとも言いますがたらーっそのカレンダーを写真に撮ってブログの記事にしようかと話をMarieさんとfuyuさんに先日したら、持っていないカレンダーがあるから是非とのご要望もあったので、Rogiのニュースも少ない今記事にしてみました。
(Rogiはドバイでトレーニングを始めるようですね)
2004年のカレンダーはまだRogiが1でもなく、GS優勝もしていない頃のむさくるしい(ムニョムニョ)写真なんかもあり、テニス・スターとして段々と洗練されていくのが見て取れます。しかし、人懐こい笑顔は変わらず、それどころかますます若くピュアになっていってるようにも感じます。ポッ
ウィンブルドン初優勝した頃の少し野暮ったさもある風貌、私はそれはそれで好きだったけれど、やっぱし髪は切って大正解ですよね。

どうぞ、お楽しみあれ!
Roger Federer Calendar 2004-2008





| onmのつぶやき | 01:55 | - | - | - | - |
I'M TOMORROW'S FUTURE Tシャツ
先週、仕事を定時で終えてチャッチャッと帰ってたツケが回って、今週は残業に追われている。。(ってコレ書いてるの仕事中だし・・)というのを言い訳にして、昨日家の郵便受けを久しぶりに覗くと郵便物や広告が一杯入ってた・・・不要な広告とそうでないのをより分けしてると、一つふわふわした大封筒が入っていて、見るとRoger Federer ShopからのTシャツでした。

size私が買ったのはSサイズ。身長157cm、中肉+(おなかぽっこり・・)の私が着て、丈はお尻が隠れるくらいで幅もゆったりしててちょうどいいカンジです。(昨日寸法測ってメモってたんだけど、今手元にないので後で書き足します。)
<追記>
|緇罅66.5cm、⊃班:46cm、B犠罅22cmでした。

しかし、赤に白字で「I'M TOMORROW'S FUTURE」と胸にプリントされているのをじっくり見て思ったことは、「う〜む。。人前では・・・」。
目の下にクマをつくり下腹ぽっこりで、物忘れも激しく「アレがナニして・・・」なんて言ってるんだから、どう考えても「I'M TOMORROW'S FUTURE」じゃない・・・

「フフン!気にしたら負けじゃぁ!!」とGWに勇気を持って着てみよう。。春だしヘンな人はきっと私の他にもいるハズだ!
| onmのつぶやき | 17:08 | - | - | - | - |
今年一年ありがとう、来年も宜しく!
こんなギリギリになってのご挨拶で申し訳ないですが、一年間一緒に応援してきたRogiオタsの皆さん、今年一年間どうもありがとう。そしてもちろんRoger、Mirkaありがとう!
来年皆さんにもRogiチームにとってもいい年でありますように!
| onmのつぶやき | 23:53 | - | - | - | - |
"美しく"ありたいですね
Rogiのテニスが美しいということは、好き嫌いをよそにして、よっぽどの並外れたセンスを持っている人でなければ同意出来ることだと思います。でも、きっとRogiオタsがRogiオタである理由はそのプレーの美しさだけじゃないと思うんですよね。

"美しさ"の概念の中には見た目の外観だけじゃなくもっと深いいろんな要素があります。下の囲みは聖書のコリント第一13章4-7節で"愛"について述べられているものですが、ベネディクト16世に謁見して感激してたRogiを見て、きっと彼は両親からこういった教えを実生活でしっかりと教え込まれたんじゃないかと思われます。
もちろん彼も人の子、完璧ではありません。しかし、Rogiはテニスの技術的なことなど、自分はまだまだ上達出来るし上達したいと願って日々がんばっているように、人としても下の囲みのようでありたいと思って努力している、そんな純粋な彼だからこそ私たちは彼のことを愛しちゃってるんだと思います。
愛は寛容で、また親切です。愛は妬まず、自慢せず、思い上がりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、刺激されても苛立ちません。傷つけられてもそれを根に持たず、不正を歓ばずに真理と共に歓びます。全てのことに耐え、全てのことを信じ、全てのことを希望し、全てのことを忍耐します。
コリント人への手紙 第一 十三章4-7節

時に様々なところで、マナーの悪い人、ルールを尊重しないといった人達に神経逆なでされたりといったことがあり・・でも、それに惑わされちゃアカンなと、また、自分も人のフリ見て・・じゃないけれど、改めるべきところは直し、美しくあろうとしなくっちゃと、改めて思ったのでありました。。

<追記>
これはあくまでも私の個人的つぶやきなので、今回は皆さんからのコメント受付ません。ご理解頂きたく・・・
| onmのつぶやき | 07:03 | - | - | - | - |
新しい掲示板設置計画
このブログを始めて一年と約5ヶ月、今まで多くの方に来て頂いてブロガーとして大変うれしいことです。皆さんには感謝感謝です。

でも私発信した記事に対して皆さんがコメントをつけるという方式は、私の目指すところからちょっと離れてきている気がします。ブログをなくすつもりはないけれど、やっぱ双方向からの意見交換の場が必要かな・・と。。。

で、それが可能なのは掲示板設置。今も掲示板設置していますが、あそこはスパムに荒らされていて対処もしてもらえそうにないから、残念ですがいずれ撤去しようと思っています。
私がよく行くMens Tennis ForumsvBulletinというシェアウェアで作られているようですが日本語サポートがないので却下。
phpbbはMTFの掲示板にすごく似ているので使いやすそうだ。でも今みたいにサイドバーにもブログやニュースを貼り付けたいし・・・
現在CMSのXoopsJoomla!をインストールしてテスト中。ある程度出来たらどっちがいいかアンケートとってみようかな。。

あ、でもその前に登録制のフォーラムにみんなが登録してくれるのかが心配。なので右のアンケートにお答えしていただけるでしょうか?よ(^○^)ろ(^○^)し(^ー^)く(^○^)ぺこm(_ _)m
| onmのつぶやき | 18:49 | - | - | - | - |
To Be Nice
Rogiからファンのみんなへメッセージがありました。
OFF COURT - 60'000 REGISTERED USERS


Dear fans,

Only just 9 1/2 weeks ago we had reached 50'000 registered users on the website. This morning we broke the 60'000 barrier!

Thank you for your great interest, it is lovely to see so many people from all over the world communicating peacefully. Keep it up!


Kind regards from Indian Wells
Roger

なんかさ、Rogiが60,000を突破するのを何日か前から毎日チェックしていたのを想像するとなんか頬が緩んでこない?

私がRogiを好きである数多くある理由に、こういう彼の純粋さっていうか少年っぽい、ほんとHappy Boyなところ、そしてそれをこうやってスグに感謝の気持ちをてらうことなく表せるところというのがあるんですよね。
この彼の屈託のない純粋さや素直さ謙虚さ、こういうところを知って益々ハマっていった人も多いのではないでしょうか。
もちろん、Rogiの内面で素晴らしい面は他にもあります。

先日、米国のテニスマガジンのライター、Peter Bodo氏のブログTENNISWORLDの記事で「The Mighty Fed Fans(素晴らしいフェデファン達)」という記事がありました。イマイチよくわかんないので微妙に違うかもしれないけれど、恐らくこういうことのようです。

その記事の前に、Bodo氏がドバイでのRogiの敗戦をうけての記事を書きUPさせた時、Bodo氏は頭に血が上った過激なFed Fansがドッと押し寄せてくるだろうと思いました。しかしなるほどコメントは多く投稿されてはくるけれど、他のプレイヤーの過激なファンがするような、"まぬけ!"とかのような誹謗中傷を書いてよこすファンは誰一人としていなかったのでした。その事実に感銘を受け、その記事をFed Fansに送ったのでした。

確かにMTFのThe Federer ExpressやRogiのサイトのフォーラムの住人達は、みんな熱烈にRogiを愛してるけど、分別もあり礼儀正しく親切という印象があります。もちろん、私のこのブログに来てくれるRogiオタたちもそうです。元々Fed Fans(Rogiオタs)は彼のたたずまいやスタイルに同調し憧れがあるからファンになったとも言えるからそういう傾向があるのでしょうね。

「Fed Fansの親切さ,礼儀正しさ,分別心,温和さは、彼らのあるじの人柄の不思議な同調のように思えます。」

こう書かれると私は実際そのブログには一切書き込みはしたことないけど、なんかうれしいです。きっとこのことを知ったらRogiもうれしいんじゃないかな。だって彼のモットーは、
"It's nice to be important - but it is more important to be nice"
なんだものね。私も一人のFed Fan(Rogiオタ)として恥ずかしくないよう日々がんばらねば!と思ったのでありました。。
| onmのつぶやき | 07:46 | - | - | - | - |
Roger'sファナティック一致団結だ!
先日の記事"ロジャー・フェデラーがPerfect Rogerになるまで"でNockoさんから教えて頂いたNumberのコラムの内容をweb上で見つけました。
便箋[スコアカード-Tennis] フェデラーなんか、来なくてもいい! - goo スポーツ:NumberWeb -

言いたいことはわからんでもないが、なんか引っかかる。。「・・なんか」とか、「・・など」とか・・・まぁ、そういう言葉を使ってでも言いたいことが奥にあるんだろうが、ファンとしていい気はしない。

もともとRogiはこの季節はプロデビューしてずっとインドアの大会に出ていた。インドアコートの反響音が好きだし、キャリアの初めに実際いい成績を残したのもインドアの大会だし、10月後半に開催される地元の大会もインドアだから、彼はそれにこだわったのだと思う。もちろん秋に開催される2つのTMSがインドアだというのもある。そういう観点から長年東京はRogiにとって選択肢に入らなかった。

ではなぜ今年来てくれることになったのか?恐らく大会実行委員の方々の地道な努力だろう。彼らが熱烈ラブコールをしたのは恐らく会場に来たテニスファンからそういう声が多かったのだろうと思う。Rogiは基本的にアジアの国々を訪れることを楽しみにしているとはいえ、この時期誰しもが消耗していてなかなかこの極東のアウトドアの大会である日本まで足を運んでくれるトッププレーヤーは多くはない。Rogiはプロモーションも1の勤めと認識してるけど、10月にアウトドアの大会に出るというのは彼にとってプロになって初めてのことで、新しいことへのチャレンジを敢えてとってくれたいうことを私たちファンは忘れてはならないと思う。


さて、Tシャツ情報もう少しお待ち下さい。現在準備中。asukamuraさんとプリントショップのご協力で、私とasukamuraさんが使った版を皆さんにお貸し出来ることになりました。皆さんはTシャツorトレーナー代+プリント代+送料のみのご負担となります。
スイスフラッグをプリントしたTシャツ着てみんなでRogiを応援しましょう!

| onmのつぶやき | 01:24 | - | - | - | - |
Two days-off -USオープン
大会3,4日目とRogiにとっては2日間のお休みとなりました。(って実際は練習をしにフラッシング・メドウには行くでしょうが・・)

ミナール戦をWOWOWで見ましたが、岩佐アナウンサーがびっくりするほど積極的に打っていましたよね。今年3回目の対戦でつい1ヶ月ほど前に戦ったばかりだったから様子を見るまでもなかったんでしょうね。結局その戦法が活き、逆にミナールは余計な力が入って大事なところでミスをしてしまってました。

チョット心配に思ったのが、Rogiのチェアにティッシュが置いてあり試合後の会見でRogiの声が少し鼻声だったので、もしかしてちょっと鼻風邪をひいてるかもしれないということ。でもこの2日できっと良くなってくれるでしょう。

WOWOWの放送で残念に思ったのが広報ミルカに対し「もっとちゃんと働け」のようなことをアナウンサーが言っていたこと。確かにIMGのような大きな会社の代理人と比べ繋がらないことなどが多く関係者からはブーイングはあるようですが、ファンとして今までのところRogiの露出度が低いとは思っていません。勝ち続けているからというのもあるけど、Rogiがメディアに対して協力的であるというのもあると思います。
とにかくRogiには多くのオファーがきていることは確かなようです。ミルカの仕事がそれを"断る"ことの方が"受ける"ことより多いのは自然の成り行きだと私は思っています。

うれしかったのがダバディがRogiの人柄についてすごく感心して称えていたこと。彼の人柄,温和で朗らかで正直で、ファンにはもちろん仲間のプレーヤーや、トーナメント関係者やメディア関係者にも親切で、皆から好かれ尊敬されているという事実は、彼自身の実績やプレーと同じくらい、特筆すべきことだと思ってるので。。
| onmのつぶやき | 23:13 | - | - | - | - |
ファンの考えること
RF.com. purple
ロジャーのサイトのバックグランド・カラーはロジャーがプレーするサーフェスの色によって変わるんだそうな。もちろん天気予報も。ということで現在はパープルになっています。

おお!それは私がやってたことと同じじゃん!

私は今まで自分のコンピューターのバックグランド・カラーをそのようにして変えていました。(もちろん今も)わたしのブログの天気予報もそうです。

言葉や文化は違えど、ロジャーをラブする気持ちや考えつく事って結局同じなのだな〜と思いました〜。
| onmのつぶやき | 08:31 | - | - | - | - |